石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見聞に入りたる年號の最古のものには陀羅尼吉兵衞尉藤原家忠の正保元年の作品あり。世
間陀羅尼といへば專ら勝國を思ふものあるも、そは勝國が陀羅尼を冐せること最も多きに
よるなるべく、陀羅尼は決して勝國の初むる家名...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝國累代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二代勝國は初代勝國の長子なり。延寶より元祿を全盛とす。その作品甚だ佳良にして、伊
豫大掾に比し姿稍優しく、地鐡...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
初代勝國は通稱を松戸善三郎といひ、三代家重が寛文元年伊豫大掾を受領して橘勝國と改
めたるものなること前に言へる...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御林、田屋御林下刈被二仰付一、御役銀毎歳可二指上一旨相願。依レ兼之若・家平・光平
・幸昌・信貞・家忠・勝國等、御林六ヶ所之下刈被二仰付一。』といひ、又享保元年四月
國平・家忠・包廣・光平・幸昌・勝家・國重・家...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加州刀の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
手腕に轉た敬服せずんばあらず。泰平亦子弟の教養に力を致し、木下甚太郎兼久・杉本吉
九郎信政・松戸善太郎勝國等の良工を出し、神戸盛矩も亦鍛法を泰平に學び、その鑑識的
知見を廣めて近古鍛法刀劍得失考入門を著し、又...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
橘勝家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
橘氏を冐せる勝家は、初代勝國の二男にして、通稱を松戸善八郎といへり。その作風は二
勝國に同じく、整然たる三本杉刄を得意とす。銘は...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
清光・同國石動住忠兵衞義水二人を載せたれども、今之を省略せり。而して加賀の刀工十
四人に就きて見るに、勝國は伊豫大掾の孫にして、その子勝國以後技倆次第に庸劣に傾く
も、尚能く明治期に入りしが、兼若はその子助太...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
極度の衰廢と藩の合力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のを賞して三人扶持を給して之を保護したりしが、當時の刀工僅かに泰平(初代)・幸昌
・信友・國平・清光・勝國の六人を數ふるに過ぎざりき。しかも窮乏せる藩の財政は久し
く之を繼續するに堪へず。明和六年には減じて銀...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
頻來訪二景周官舍一。論二鈐韜一。有二官暇一則齎糧徜二徉山澤一。若夫陟二古墟一。遇二
壘壁湟塹一。猶有二勝國之遺而隱隱可レ睹者一。則併稽二其戰蹟之贏輸一。可二否古將畫
レ城之堅脆一也。一日語次及二此書一。且倒二...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るが故に、かくの如きも亦止むを得ざりしなるべし。當時尚優柔なる世相に墮せず、多數
佳良の作品を殘したる勝國・清光・炭宮の諸族の如きありといへども、鍛作上鐵地肌の寛
永期に比して著しく精美に赴ける點は共通なり。...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
刀工の階級はその手腕の巧拙に從ひて三等に分かたれたり。即ち貞享元年八月の鍛冶位付
調書に據れば、兼若・勝國・高平・吉家・勝家、非人小屋に罷在清光・兼則を上作とし、
光國・友重・家平・信友を中作とし、守種・幸昌...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
嘉永以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
品を後世に遺せしが、その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭とし、木下氏の兼重・兼豐
兄弟、松戸氏の榮次郎勝國、洲崎氏の國平・國光父子、杉本氏の信政・信友父子、その他
押水甚藏正國・永井保之丞信義等ありて群雄割據...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
明治初年の鍛刀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
減少仕奉二願上一候間、此段宜御達被レ爲レ下樣奉二願上一候。以上。明治二年二月藤江
清次郎清光松戸榮次郎勝國木下甚吾兼豐御細工所〔藤江氏文書〕
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一、願之通御聞屆被レ爲レ下候樣伏而奉二願上一候。以上。明治四年十二月刀鍛冶藤江清
次郎清光同松戸榮次郎勝國同押水甚藏正國同木下甚吾兼豐同山田久右衞門兼政同永井保之
丞信義同洲崎幸次國光同杉本丈次郎信友金澤縣廳...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
本場たる能美郡能美村にあらざりしかと思はる。この勝家に就いて注意すべきは、從來の
刊本が之を伊豫大掾橘勝國の二男なる善八郎勝家と連續したる關係ありと誤認したるもの
多く、新刀紀の勝家同銘五六代に及ぶと記せるこ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
家重
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、當時の家忠に似たるもの多く、その銘は賀州住藤原家重と切り、而して三代善三郎家重
は寛文元年伊豫大掾橘勝國と改銘せり。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
泰平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
州刀の復興に精神を傾倒したるものゝ如く、當時の刀劍研究家神戸孁牛軒等の後援の下に
、享保以降廢絶したる勝國又は兼若の傳法を鋭意研究して、寛政末年に至り遂に加州新々
刀の基礎を確立するの功績ありたること前に之を...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
家忠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
共に巧手とし、地鐵は杢目肌精緻にして強く、鋭利なる實用刀を造り、而して陀羅尼派と
稱するも、作風一族の勝國と似ず、刄文の箱亂・逆丁子等却りて異系に屬する兼若特に又
助兼若に共通するもの多し。又直刄の傑作な手掻...