石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
明の媾和使接待の準備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
々、うちため候はくの事、有次第此方へ可レ上候。はく屋に人を付置可二申付一候。さし
。態申遣候。仍大明國勅使來三月罷越付而、我等所ニ御やどの事被二仰付一候。就レ其日
木國武者揃をも被レ成、御みせ可レ有との事候。...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松山窯 勅使
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
製し、又文久中山本彦左衞門は吉田屋窯の製に倣ひしが、共に久しからずして廢せり。慶
應二年山本庄右衞門亦勅使村に窯を築き、磁器を製出せしことあり。世に松山窯・勅使
など稱せらるゝもの即ち是なり。
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
朝廷の賞賜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しこと數次。七月在京の加賀藩臣を召し、彼等が常に藩侯を輔けて軍務に鞅掌したるを賞
して白布を賜ひ、同月勅使を戰線に派して酒肴を頒たれ、九月又出陣の將士に對し毛布を
與へられしが如きは即ち是なり。次いで翌明治二...
第六章 大聖寺藩治一斑
利明の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
筋見立繩張す。同八年二月下旬江筋普請初り、八月廿三日成就、矢田野へ水下る。于レ今
八月廿三日矢田野鎭守勅使領寳江山祭禮有、慈光院(大聖寺)罷越相勤。同日夜中村の宮
にて角力躍の節御紋付灯燈を燈事於レ于レ今昔の...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
平井氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
守家永』とせられ、同妙法寺の鐘銘には『旹元祿三庚午季秋大良辰、藤原朝臣家永平井但
馬』とせられ、江沼郡勅使勅使願成寺の鐘銘には『元祿十二歳己卯十月十七兩、鑄師加
州金澤住藤原朝臣平井但馬守家永孫平井與四兵衞...
第一章 領主及び領土
大聖寺藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
校小 分 校松山梶井(以上能美境)岡敷地大 菅 波小 菅 波作見弓波西島津 波 倉二 子
塚森河原勅使宇谷瀧 ヶ 原菩提那谷榮谷山本清水桑原庄七 日 市(以上那谷谷)上 河
崎下 河 崎中代加茂上野二 ...
第一章 領主及び領土
大聖寺藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
上能美境)岡敷地大 菅 波小 菅 波作見弓波西島西島新[西島の内一名屋戸] 津波倉 二
子 塚森河原勅使宇谷瀧 ヶ 原菩提那谷榮谷山本清水桑原庄七 日 市(以上那谷谷)上
河 時吸坂[上川崎の内]下 河 ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
直姫と二條吉忠の結婚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ども、是より兩家は義に於いて姻戚たり。是を以て寳永六年五月朔朝廷の徳川家宜に將軍
宣下を行ふや、綱平等勅使として江戸に赴きしに、綱紀は同月七日綱平を本郷邸に迎へ、
盛宴を張りてこれを饗せり。既にして直姫入輿の...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
加賀藩の體度稍硬化す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
り先安政五年の條約によりて我が國は諸外國と交易を開始するに至りしが、文久二年に至
り朝議一變し、十一月勅使三篠實美を東下せしめて攘夷の決行を幕府に命じ給へり。將軍
家茂乃ち命を奉じ、その手段に就いては之を明年...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
上國の形勢一變す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三・駒井躋庵等亦陸續時事を報道する所ありしに、藩吏初めて輦下の騷然たるに驚けりと
いふ。既にして久光は勅使大原重徳を奉じて東下し、長藩の毛利定廣亦朝廷に周旋する所
ありしかば、京師の政界は全く二藩の活躍舞臺た...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
後朝幕の形勢一變し、將軍家茂上洛の事は全く實行せられざるに至りしが、十一月朝廷再
び中納言三條實美等を勅使として東下せしめ、勅を將軍に降して速かに攘夷の實を擧ぐべ
きを命じ給ふに及び、家茂は謹みて叡旨を奉じ、...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道鎭撫總督任命
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
諸侯の向背を確めしに、加賀藩を初めとし皆忠誠を盡くして王事に勤勞すべきを奉答せり
。別紙之趣に付、爲二勅使一不日可二發向一候得共、積雪之時節途中手間取も難レ計に付
、御趣意之次第先以二書面一相達候間、一應之御...
第六章 大聖寺藩治一斑
釆女利昌と寛永寺の凶變
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寛永寺に至りて靈廟を拜せんとするを以て、東山天皇は故例によりて前將軍の官位を進め
諡號を賜はらんが爲、勅使内大臣今出川伊季・院使大納言醍醐昭尹・東宮使中納言小川坊
城俊清・女院使參議綾小路有胤・中宮使參議中山...
第六章 大聖寺藩治一斑
正徳の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。今より更に奸曲の徒に報ずる所あらんと。乃ち串村の茶問屋甚四郎の家に押寄せて之を
破壞し、次いで本陣を勅使村の願成寺に置き、八日山代の河原屋安右衞門・山中の堀口猪
右衞門の家を破壞す。是等は曩に茶・紙の運上過...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
百叡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
百叡、一名は廣智、荻生氏。江沼郡勅使村一向宗西派願成寺の住侶なり。寛政九年六月生
まれ、少にして越後正念寺の實行院僧朗に宗乘を受け、又天台...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
道費
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
町三光寺江沼郡那谷村一向宗西派寺院專稱寺江沼郡大聖寺町勸歸寺江沼郡庄村篠生寺江沼
郡動橋村願成寺江沼郡勅使村勝光寺江沼郡打越村蓮照寺江沼郡月津村徳性寺江沼郡菅谷村
恩榮寺江沼郡山中村一向宗東派寺院願成寺江沼郡...