石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の完成
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
平と稱するに至れるも、亦その創案せる華美の刄文が激賞を得たりし結果たらずんばあら
ざるなり。是に至りて加賀新刀の完成を見る。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の全盛期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
つ當時尚經濟の逼迫を見ざりし藩士輩の注文も多かりしが爲に、諸刀工は勇躍奮勵してそ
の手腕を發揮し、遂に加賀新刀の全盛期を現出するに至れり。今寛永時代に於ける主なる
刀工を擧げんに、在來派に在りては藤島系に屬する清...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古刀期に於ける加賀の刀劍が、殆ど全く來系に屬したることは既にこれを第一編に述べた
り。而してその末期に...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
寛永以降の加賀新刀の特色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この頃に至りて注意すべきは、刀工の作風が單一化したることなりとす。即ち元和以前の
鍛刀は各派その師傳を...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
甚六兼若 高平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ノ目亂より轉じて箱亂を開拓し、或は洲濱亂の前提たるべき所謂兼若亂の範を後世に貽せ
り。之を要するに彼は加賀新刀界の先驅者にして、普く世人の賞贊を得、遂に酬いられて
官名を受領するに至りしなり。その銘は兼若時代に在...