石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加藤藤兵衞の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
越前領十六ヶ村が幕府の直轄地となりたる後に於いても、加藤藤兵衞は尚牛首に在りて大
庄屋たりき。然るに藤兵衞は牛首に於ける灌漑の利を計らんが爲、明谷川より引水するの
事...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
山内庄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
凡べて山内庄と汎稱し、白山權現の御庭所たる理由を以て領主を戴くことなかりしが、室
町の頃より牛首の土豪加藤藤兵衞といふもの自ら擡頭し、傍近の土民を屈服せしめて恰も
統治者たるが如き觀を爲せり。然るに永正中藤兵衞は土...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
越前大野郡十六村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に作るものあるは非なるべし。この後十六ヶ村の地籍を越前大野郡とし、勝政は勝山に在
りて之を治し、牛首の加藤藤兵衞則吉は越前軍に與力したる故を以て祿五百石を給せられ
き。十一年柴田勝家滅び、秀吉は青木紀伊守秀以をして...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加賀越前二藩農民の爭鬪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
が、十二年越前領二口の村民は突然來りてその自領なることを主張したる上、亂暴狼藉を
河原山に加へ、牛首の加藤藤兵衞も亦佛師ヶ野まで出張して二口村民に聲援を與へき。然
るに河原山は二口の主張を肯んぜざりしかば、二口村民...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添の邑民嶺上神祠を修營せんとす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
嶺上の祠殿大に壞れしが、尾添の邑民等出でゝ興造の材を伐採せり。是に於いて福井領牛
首・風嵐の村民、郷長加藤藤兵衞を首魁として之を妨げ、白山は越前の山嶺にして、二邑
の民皆その社家たるが故に、禪頂及び温泉の事凡べて彼...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
綸旨の効力復活
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
されば尾添側は今や越前側の反抗し得べき理由あらずとなし、再び社殿造營の爲に木材を
山頂に運搬したるに、加藤藤兵衞は復牛首・風嵐の村民を指揮し、悉く之を棄却せしを以
て、その顚末を幕府の寺社奉行に出訴するに至れり。こ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
意を張らば、乃ち加賀侯の煩を爲すを虞れ、已むを得ず命を奉ぜんとす。但し將來福井侯
の治に屬し、若しくは加藤藤兵衞の配下に歸せしめらるゝことあらば、斷じて我等の堪ふ
る所にあらざるなりと。既にして幕府は收公せる十八ヶ...