石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊泰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田齊泰の世は文政の中期より藩末に及ぶ。齊泰は梅皋・後凋・三華翁・棄世道人・球外
道人等の號あり。夙に學を好み...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田齊泰の世
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩侯前田齊泰の世は、我が邦に於いて國學の大に進みたる時に會せしを以て、この地も亦
その影響を受け、歌人多く輩出し、...
第一章 制度法規 第三節 司法
元祿以降の行刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
叙上各別の中、その甚だしく慘酷なるものは、前田綱紀の中期元祿の頃より、全く行はれ
ざるに至れり。後に前田齊泰の時奧村榮實の上りたる言上書の中に、『既に松雲院(綱紀
)樣御代にさへ、御末年に至候ては、御刑法次第に...
第三章 學事宗教 第一節 學校
天保の修補
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに第十三世前田齊泰襲封の後、士風漸く荒怠し、學事隨つて不振となり、學生の就學
するもの頗る減少せしかば、國老奧村榮實、風...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を集義堂といふは、校内に集義と書せる扁額ありしが故にして、初め洛儒西依周行毫を揮
ひ、後に榊原守典及び前田齊泰之を改書せり。學校の位置は西町の内今の警察署の在る所
に當り、寛政六年醫師梁田養元・小林笠坊・橋本了迪...
第三章 學事宗教 第一節 學校
壯猶館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
醫師黒川良安に囑して原書を調査せしめしが、後江戸より松下謙作を聘してその術を傳習
せり。是に於いて藩侯前田齊泰は、特に小川群五郎・小川權之助・小川兵左衞門に命じて
、久太郎・九八郎と共に學ばしめ、嘉永六年金澤上柹...
第三章 學事宗教 第一節 學校
鉤深館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
らしめ、同時に汽船發機丸(後錫懷丸)を購入して實地の航海を練習せしむることゝせり
。次いで慶應元年十月前田齊泰は汽船一隻を購ひ名けて李百里丸といひ、十二月帆船有明
丸を石川島に建造し、三年五月前田慶寧亦帆船一隻を...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政孝 横山政寛 横山蘭蝶 横山蘭畹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子なり。字は子緯、白華と號し、富田景周に就きて詩を學び、奇才あり。政孝江都に于役
すること前後六たび、前田齊泰の世子たりし時その傅となれり。天保七年歿す、年四十九
。政孝最も易を好み、亦詩を善くす。平生古賀侗庵・...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
西坂 錫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その交遊最も廣く、安積艮齋・古賀茗溪・大槻磐溪・江尻簣山・大橋訥庵等と相往來す。
留學六年にして歸り、前田齊泰の命を奉じて四書匯參を校正し、三年を經て之を刊行す。
又欽定四經の校刊を命ぜらる。齊泰また史記の文義に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大島桃年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
讀書推敲の處なり。桃年の昌平黌に學ぶや、大槻磐溪と最も親善なり。文政五年郷に歸り
、明倫堂助教となる。前田齊泰の四書匯參・欽定四維等を校刻せしむるや、桃年與りて力
あり。又その歿後に成れる史記考異十四册は、諸儒と...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
千秋藤篤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に遊びて昌平黌に學び、齋藤竹堂・菅野白華等と交を厚くす。弘化二年藩に歸り、安政六
年明倫堂助教と爲り、前田齊泰及び世子慶寧の侍讀を兼ぬ。藤篤慷慨にして常に尊攘を主
とす。是を以て元治元年罪を獲て竹田忠和の邸に拘せ...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
永山平太
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
辭章に肆にし、大槻磐溪・佐久間象山・粟本匏庵等と友たり。居ること數年にして國に歸
り徒に授く。安政三年前田齊泰命じて欽定四經を校刊せしむ。平太其の事に與り、又諸儒
と共に史記考異を選す。齊泰之を嘉奬し、擢でゝ明倫...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大島 善
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
む。柘軒・七原又は稼亭と號す。桃年の子なり。幼にして家學を承け、嘉永六年家を襲ぎ
、明倫堂助教となり、前田齊泰及び世子慶寧の侍讀となる。次いで慶寧の統を襲ぐに及び
假教授に進む。文久以還國家多艱、藩侯父子西朝東覲...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
藩外國學者の來杖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文政・天保の頃に奧村榮實あり。老臣にして前田齊泰の知遇を受け、藩校明倫堂の總奉行
となる。榮實和漢古今の書通讀せざることなく、著書甚だ多し。その古言衣...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
田中躬之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛・高畠米積及び高橋富兄等、その門に入るもの甚だ多し。加賀藩歌道の盛なること實に
躬之に始る。嘉永五年前田齊泰之を召して、明倫堂皇學講師となす。大夫奧村榮實亦深く
躬之を信じ、屢延見して道を聽けり。安政四年齊泰類...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
狩谷鷹友
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時外舶屢沿海に來り、幕府通商條約を結ばんとす。鷹友之を憤慨し、駁蘭長賦を詠じてそ
の志を述ぶ。安政四年前田齊泰、學士數人に命じて類聚國史補を撰ばしむ。鷹友は躬之の
業を繼ぎ、二十五卷編輯の功を終へ、繋くるに序を以...
第三章 學事宗教 第七節 書道
長井葵園
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、字は寛卿、一字は子毅、通稱平吉。葵園儒學に長するの傍、書を好みて董其昌の風を能
くせり。是を以て藩主前田齊泰、命じて漫に需に應じて毫を揮ふことなからしめき。安政
七年二月歿す。
第三章 學事宗教 第八節 科學
黒川良安
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
勸めて之を祿せしめんと謀る。しかも加賀藩に在りてはかゝる人材を國外に出すを欲せず
、弘化三年知次は藩主前田齊泰に請ひて之を侍醫とし、祿八十石を食ましめき。次いで安
政元年壯猶館の開かるゝや、良安その教授兼飜譯方の...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日輝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年日靜寂す。是に於いて日輝その法席を襲ぎ、充洽園を起して大衆を教養せしに、門下常
に百人に餘れり。藩侯前田齊泰の母榮操院深く之に歸依し、毎歳米十苞を寄せて學資を助
く。弘化四年日輝水戸談林に聘せられて、その廢頽を...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加登屋政吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兵衞の股肱にして、五柳軒と號し、安政の頃扶持を給せられて、藩の細工所に勤務せり。
五柳軒の雅號は、藩侯前田齊泰の賜ふ所なりと傳ふる者あれども確證なし。二代政吉・三
代伊助は明治の初年に當り、伊助は河村氏を冐したり...