石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第五世前田綱紀は先考の遺志を襲ぎ、進みては魯論學庸を幕府の高閣に講じ、退きては則
ち詩筵を設け、その晏息の處なる江戸...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田綱紀、初の名は綱利。國義・取益・振肅・中和・叙倫等は字にして、敬義・養民・顧
軒・三省・香雪・梅墩等は皆そ...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田綱紀は獎學に努め、自ら學問に勵み、有用の書を編修して丈學に資せんとし、汲々と
して述作に從事せることは、先...
第三章 學事宗教 第八節 科學
稻宣義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雲道人と號し、後若水を以て通稱とす。本姓稻生氏。宣義に至つて稻氏と改む。その彰信
の諱あることは、彼が前田綱紀に上れる書に稻若水彰信と署名せるを以て知るべし。明暦
元年江戸に生まる。父を恒軒といひ、儒醫を以て宮津...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
狩野友益 狩野伯圓 狩野即譽
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るもの、殆どこれあるを見ず。偶事あるときは、即ち江戸の畫工に命じて描かしめたり。
元祿十五年將軍綱吉、前田綱紀の本郷邸に臨まんとせし時、藩は豫め御成御殿を造營した
りしが、その屏障は探雪・休碩・等麟・素仙・柳雪・...
第一章 制度法規 第一節 職制
八家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ハツカ)あり。本多・横山・長・村井・前田兩家及び奧村兩家即ち是にして、食祿一萬千
石以上五萬石に及ぶ。前田綱紀の時以後、その職名を年寄と稱し、八人の中四人は從五位
下に叙せられ、國守號を稱することを許さる。之を叙...
第一章 制度法規 第一節 職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
歩は御歩頭に屬し、定番御歩は定番頭に隸す。歩は初め徒と書したりしが、いたづらと讀
まるゝ憂あるが故に、前田綱紀の時之を改めたるなりといふ。
第一章 制度法規 第一節 職制
同心
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
いひしものとす。横山家及び多賀家の同心は、その性質寄親附與力の如く、寄親より俸祿
を受くるものにして、前田綱紀の世貞享三年に創設せられ、當時は寄親の邸宅に勤務した
るも、中頃藩の用務に服することゝなり、その後再び...
第一章 制度法規 第一節 職制
足輕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
輕卒に弓之者・鐵炮之者を置きて之に屬せしめたりしといへども、尚數に於いて寡少なる
を免れず。是に於いて前田綱紀の世、更に輕卒を増してその缺點を補ひしもの、之を大組
・中組・先手組の足輕と爲す。大組は鐵炮を專とする...
第一章 制度法規 第一節 職制
舟手組足輕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ず。隨ひて水軍を設くる必要を見ざりしが如しといへども、そのこれあるは無きに勝るこ
と萬々なり。是を以て前田綱紀の時、寛文十一年新たに船十一艘を造りて、河北潟の排水
路たる粟崎に置き、延寶六年舟手足輕を祿し、舟手頭...
第一章 制度法規 第一節 職制
御手木足輕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るに起る。是より先、藩初に在りては、他の侯伯と同じく相撲之者を扶養せしが、故あり
て廢せしを以てなり。前田綱紀の時に至り、足輕中の力量ある者を擇びて之に任じ、平時
及び戰時に於ける造營土木の事に與るをその職とせし...
第一章 制度法規 第一節 職制
坊主
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
む。御坊主の俸祿は普通二十俵とし、御坊主小頭は四十俵三人扶持とす。御坊主にして束
髮を命ぜられたるは、前田綱紀の時松尾といふものありしに起り、享保八年前田吉徳の時
、大槻朝元も亦束髮を命ぜられしことあり。但し藩末...
第一章 制度法規 第一節 職制
安永の軍役改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
中の土地とを相混じて與ふることゝなりたるが故に、到底前掲の法に準據する能はざるに
至りたりき。是を以て前田綱紀は、元祿中更に綿密なる軍裝軍役の標準を定め、子孫歴世
之を規範としたりしが、亦遂に實行せられざりしが如...
第一章 制度法規 第三節 司法
裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
初は式日毎に年寄一人必ず出廷して訊問に與り、年寄中の協議によりて、判決を與へたり
しが、萬治の頃より、前田綱紀の親裁主義に基づき、凡べて藩侯の下知を仰がざるべから
ざることゝなり、元祿七年に至りては、年寄の訊問に...
第一章 制度法規 第三節 司法
元祿以降の行刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
叙上各別の中、その甚だしく慘酷なるものは、前田綱紀の中期元祿の頃より、全く行はれ
ざるに至れり。後に前田齊泰の時奧村榮實の上りたる言上書の中に、『既に松...
第一章 制度法規 第三節 司法
里子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
所罰の一種に、犯人を里子とすることあり。里子とは、前田綱紀の時より、僕婢の主家を
逃亡したる者、私に關所を越えたる者、無宿にして浮浪する者の如き微罪を膺懲するが...
第一章 制度法規 第四節 租税
小物成
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
成は農村一般に之を課せられ、別ちて定小物成・散小物成の二種とす。定小物成は亦御印
役とも稱し、寛文十年前田綱紀の時與へられて、村御印と稱する納税決定書にその額を記
載せられたるものにして、毎年税額に異動あることな...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
舞々
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
舞々は幸若の遺蘖なりといへども、前田綱紀の初世より衰微して、物貰の列に下れり。前
田吉徳の世享保十六年二月の記には、金澤の舞々に筋違橋の淺屋勘...
第三章 學事宗教 第一節 學校
學校創立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
學校創立の沿革は、遠く第五世前田綱紀の時に遡らざるべからず。綱紀は夙に文學を好み
、多く鴻儒を祿したりしが、之と同時に四民教導の爲文武學校...
第三章 學事宗教 第一節 學校
聖堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
像は、初め畫像を用ひたりしが、この年以後明の朱舜水の書せる至聖先師孔子神位の木主
を安置せり。こは曾て前田綱紀の命じて作らしめたるものなりといふ。この日學校主付以
下の教職員學生一同熨斗目・上下にて出校し、以て莊...