石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
前田氏の配備と末森城
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
戰局の發展と共に、佐々・前田二氏の間も頗る緊張せしものありしは事實とすべく、當時
前田氏側に在りては、前田秀繼・利秀父子を越中往來の要衝津幡城に置き、目賀田又右衞
門・丹羽源十郎を國境鳥越城に置き、村井長頼・高畠...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
津幡の軍議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして村家津幡に至りて軍を調ふ。世子利長は松任城に在りしが、又來りてこゝに會せ
り。津幡の城將前田秀繼・寺西秀則等利家に説きて曰く、機既に遲れたり。公の末森に到
るは、恐らくはその陷落の後にあらん。如かず...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の國境撤退
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是の月成政は、鳥越・倶利伽羅二城の遂に保つべからざるを慮りて、その守兵を撤せり。
利家乃ち前田秀繼をして越中に入り、新に今石動に城きて之に居らしめ、又青木善四郎・
大屋助兵衞二人に鳥越城を守らしめ、近...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の今石動攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五月成政の將佐々平左衞門・前野小兵衞等、兵を率ゐて今石動を襲ふ。守將前田秀繼城を
出でて能く拒ぎ、その子利秀も亦驍勇にして敵數人を倒し、勢に乘じて進撃せり。是に於
いて前野小兵衞は...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利孝七日市侯に封ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て遂に諸侯の列に加へられたるなり。この事に關する藩翰譜の記載は全く誤謬にして、そ
の書に利孝を以て叔父前田秀繼の世嗣なりとすれども、秀繼は天正十三年に死し、利孝は
文祿三年に生まれたるものなるを以て、その間何等の...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
地震
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三年十一月廿七日越中に大地震ありて、餘震二十九日の夜に及び、礪波郡木船城崩壞して
全く舊態を失ひ、城主前田秀繼以下多く壓死し、寛永十七年十月十日には加賀大聖寺大に
震ひ、家屋の損壞多く、人畜死傷し、又享保十四年に...