石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
前田直躬と朝元
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
徳公の記]との意を老臣に傳へ、尋いで侯の江戸に上るに及びて、親翰を發して直躬の加
判たることを免ぜり。前田直躬畫像男爵前田直行氏藏前田直躬画像
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三九頁前田綱紀畫像四五六頁―四五七頁久江村道閑起請文四七四頁―四七五頁長元連起請
文四七八頁―四七九頁前田直躬宛大槻朝元書翰五一四頁―五一五頁前田直躬畫像五二二頁
―五二三頁前田吉徳幼年筆蹟五四四頁―五四五頁前田...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
朝元の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
)にも應申間敷候間、万端被二相愼一、閉門被二相心得一尤ニ候。此段者尚更爲二心得一
申達候。〔袖裏雜記〕前田直躬宛大槻朝元書翰男爵前田直行氏藏前田直躬宛大槻朝元書翰
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
前田直躬の意見
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この年八月二日重凞内書を前田直躬に賜ひ、眞如院及びその所生の公子女の處分に關して
下問せり。直躬乃ち他の老臣と議し、詳かに案を具して之...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田直躬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田直躬、土佐守と稱し、加賀藩の重臣なり。性怜悧にして詩を好む。九華と號し、新居
を捿霞觀又は寛綽齋と名づく。...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田直躬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田直躬、加賀藩の典故に通じ、最も和歌を好み、大納言冷泉爲村の門に入り、屢秀逸と
して褒詞を與へらる。時に河北...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
遠慮被二仰付一候儀有レ之候に付、如何樣の事にても御料簡者不レ被二仰上一思召之旨、
兼々承及候。土佐守(前田直躬)殿には、御才發は拔群に相聞え候へども御年若に御座候
故、諸役人共未レ致二信服一候。對馬(前田孝資)殿...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の歸城と病症
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この際朝元が何等かの陰謀を行ひたりとの風説が、或る一部分に行はれたりしことは、
田直躬の記したる言誑集の跋にも、『延享二年御歸國の比、御道中より御滯、御快氣も被
レ遊たる上には如何可レ被二...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の急を救ひ、次いで十年二月諸士の窮乏を救濟せんと欲し、寳暦六年以降實施したる上納
を停止せり。既にして前田直躬は、時局の甚だ困難なるものありしを以て、到底財政整理
の重任に當る能はずとなし、御儉約御用兼御勝手御用...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
青地禮幹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二十五日歿す、年七十。禮幹詩文を善くし、雅典穩健遙かに其の兄齊賢の上に出づ。門人
頗る多く、本多政昌・前田直躬等の國卿大夫就きて教を受くるもの少からず。望嶽名嶽復
無レ敵。孤高鎭二北州一。虹懸秋浦曙。日出海雲流。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
中西尚賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
酒を置きて相居ること三日。別るゝに臨み贈るに文房の清具二三を以てせり。是より尚賢
の聲價大に彰る。初め前田直躬の臣となり、後に村井長穹に仕へき。登嶽賦夫何洪基之旁
魄。白嶺屹兮其中レ天。求二人跡一而稀疎。由二鳥道...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
士人の和歌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賀直秀・原元寅・山本基庸・大野木克明・葛卷昌興・成田明遠等あり。吉徳の時以後竹田
昌忠・原元慶等あり。前田直躬も亦政務の餘暇を以て花鳥風月に悠遊せり。然れども是等
錚佼を以て稱せらるゝ歌人も、亦天下の趨勢を脱する...