石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
前田慶寧の略傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
學政を刷新し、兵備を更張せり。明治二十六年七月十四日生前勤王の功を追賞し、特旨を
以て從二位を贈らる。前田慶寧畫像侯爵前田利爲氏藏前田慶寧画像
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
前田慶寧の譴責解除と襲封
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩最後の主たりしものを前田慶寧とす。元治元年齊泰の齡既に知命に達したるを以て
、年壯氣鋭の世子慶寧をして時局を處理せしめんと欲するの...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩王師の先鋒たらんと請ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
儀、弊藩に於ても偏に御憐愍之趣返々懇願仕候。以上。加賀宰相中將内二月(明治元年)
前田土佐守横山外記〔前田慶寧家記〕○御沙汰書加賀宰相(慶事)中將御不審之筋有レ之
御糺問之處、巨細御返答紙面之趣、彼是齟齬之次第可...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
朝廷の賞賜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して酒肴を頒たれ、九月又出陣の將士に對し毛布を與へられしが如きは即ち是なり。次い
で翌明治二年六月藩侯前田慶寧の功を録し、その大軍を動かし金穀を捐て、征討の官軍を
して速かに功を奏せしめたるを嘉し、永世祿高壹萬五...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田慶寧
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田慶寧、齊泰に襲ぎて藩侯たり。詩を賦し歌を詠み、又書道に達し、號を蘭皋・菁莪、
所居を先春堂といふ。凡そ維新...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田慶寧
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田慶寧、第十五世の藩侯なり。月照松あきのよはふけゐの浦の玉松にかげこそあらへ月
のしら波時鳥數聲時鳥しのぶの...
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀の二郡を増賜せられて、治を金澤城に施きたる時に始り、明治四年金澤・大聖寺二藩
の廢せられて、藩知事前田慶寧及び前田利鬯が、居を東京に移しゝ時に至るまで、二百八
十九年に亙る間の治亂盛衰と民情世態を明らかにする...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
九頁顯忠廟一〇〇八頁―一〇〇九頁本多政均寫眞一〇一二頁―一〇一三頁前田齊泰畫像一
〇七四頁―一〇七五頁前田慶寧畫像一〇七四頁―一〇七五頁前田利治書翰一〇七八頁―一
〇七九頁山崎權丞宛前田利昌書翰一〇八四頁―一〇八...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木源藏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大野木源藏、幼名は外三郎、諱は克昌後に克正。人持組大野木克誠の第三子なり。年甫め
て十二、出でゝ前田慶寧の側小姓となり、新たに祿百石を受け、後累進して百石を加へ、
大小將組頭となる。高木守衞に就きて國學に長...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
行山康左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
篤と情實も不レ致二承知一儀を、同組申合頭に迫り過激之体有レ之、不心得之至に付逼塞
被二仰付一。慶應二年前田慶寧上京す。康左衞門潛行して小松に至り、旅舘に就きて上書
せしが、直に金澤に送還せられ、家に錮して親族に責...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
浪士の追弔
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
乘寺に擧ぐ。五月西本願寺浪士の墓標を彼等の刑場たりし來迎寺野に建てんと欲し資を藩
に請ひしを以て、藩侯前田慶寧は金四百兩を與へて工を助けたりき。次いで九月越前に在
りし浪士の殘徒にして衣食に窮するもの六人の爲にま...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
慶寧の朝廷に對する屆書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二御座一候。此段可レ然樣御取扱、宜言上之程御頼申上候。以上。十二月(慶應三年)加
賀宰相中將(慶寧)〔前田慶寧家記〕
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
朝廷復慶寧を召す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二申出一、其上御沙汰之旨も可レ有レ之、尚又當主所勞等にて上京難レ致向は、名代又は
家老の者差出候事。〔前田慶寧家記〕
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道鎭撫總督任命
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
此段謹而奉二言上一候。宜御奏達被二成下一候樣仕度奉レ願候。誠恐頓首。正月廿六日(
明治元年)加賀宰相(前田慶寧)中將〔北陸道先鋒記〕○勅書謹而奉二拜戴一候。今般王
政御復古被レ爲レ在に付而者、王事に勤勞可レ仕儀者...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
鎭撫總督の出發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
レ蒙二朝恩一、今日可レ奉レ報秋と奉レ存候に付、皇國之御爲國中身命を抛御東征之御先
鋒奉レ願度宰相中將(前田慶寧)所存之趣、近々中納言(前田齊泰)上京之上可レ奉レ願
心得之旨豫て申越候趣御座候。然處今度御親征被二仰...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
顯忠祠建設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
戰後前田慶寧は、加賀藩の武威を顯し朝恩の厚きを拜したるは實に戰病歿諸士の偉績に負
ふ所多しとなし、少參事陸原愼太郎...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
政均暗殺の計畫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして明治二年六月、前田慶寧は版籍を奉還して藩知事に任ぜられ、大參事をして施政
の衝に當らしむることゝなりしかば、沖太郎等は、若し...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧の入朝と利嗣の任官
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
戊辰奧越の戰既に止み、北陸の天地寧靜に歸するに及び、藩侯前田慶寧は一たび京師に朝
して天顏を拜せんと欲し、明治二年正月十八日執政横山政和及び參政木村恕・藤懸頼善・
丹羽...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧藩知事に任ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
公卿諸侯之稱被レ廢、改而華族与可レ稱旨被二仰出一候事。巳六月(明治二年)行政官〔
版籍御返上等の卷〕○前田慶寧金澤藩知事被二仰付一候事。明治二年巳六月行政官〔版籍
御返上等の卷〕○別紙之通被二仰出一候事。六月(明...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
太政官廳舍造營建議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
何を以か之に加へん。臣慶寧不レ堪二感激懇祈之至一、誠恐誠惶昧死以聞。庚午十二月(
明治三年)金澤藩知事前田慶寧辨官御中〔慶寧公御達願伺御屆書寫〕