石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 領主及び領土
大聖寺藩領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
升なり。之を以てその合計は七萬三十三石七斗三升となり、内三十三石七斗三升は籠高と
す。寛文四年四月五日前田利明の受けたる朱印状は是に據る。次いで享保二年八月十一日
前田綱紀に與へたる朱印状には、大聖寺藩領を七萬百...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
諸書の古九谷燒に關する記事
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大機公(前田利明)御代に、後藤才次郎を肥前の唐津え被レ遣、陶を御ならはせ被レ成。
妻子不レ持者にて傳受せず。仍て唐津に...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
大聖寺藩の漢學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
支藩大聖寺藩の漢學は、寛文四年第二世前田利明が江戸に於いて儒員河野通英を聘したる
に起る。利明通英を師として經を講ぜしめ、家臣亦之に從ひて學ぶ者多...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
河野通英
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
月朝鮮の使來りし時、通英朴進士なるものと唱和して文名大に擧る。萬治二年通英太田侯
の仕を辭す。寛文四年前田利明聘して祿二百五十石を給し、次いで三百石に増す。延寳三
年四月八日歿する時年六十四。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
良悟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
世木庵に就きて修業し、後實性院二世海翁巡浦に從ひ、元祿三年前住明州珠心に次ぎて第
四世を領す。五年藩主前田利明の卒せし時良悟その導師となり、七年出院して耳聞山の野
水庵に居る。晩年長州大寧寺の法泉庵に住し、寛延二...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
紙屋谷の製紙
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大聖寺藩に於いては、藩主前田利明の時延寶四年江沼郡中田村の農五郎兵衞を河北郡二俣
に遣はし、製紙の法を傳習せしめ、中田・上原・長谷田・...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
大聖寺藩の製茶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大聖寺藩の製茶は、第二世藩主前田利明の時、老臣神谷内膳に命じて茶實を山城より購入
せしめ、江沼郡百三十四村の草高に比例して之を分配し、荒地...