石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田信成
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
馬皆その妙を得たり。寳暦十一年請ひて藩臣の班に下り、安永五年十月朔日四十三歳を以
て歿す。文政八年藩主前田利之、信成の子信片・孫信任をしてその遺稿を拾輯せしめ、自
ら序文を作りて太一遺稿と題し、刻して世に傳ふ。學...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
江守長順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るまで變ずることなかりき。曾て江戸に在りて佐藤一齋・大田元貞に學び、逸材を以て稱
せらる。文政元年藩主前田利之命じて世子利極の師たらしめ、天保九年利平復之を師とす
。十一年會頭の職に任ぜられ、書院に在りて經史を講...
第五章 殖産製造 第四節 林業
小塚藤十郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
有林に於ける樹木を補充し、海岸に砂防林を造り、民有地にも亦植林を奬勵すべきことを
建言したりしに、藩主前田利之は之を容れ、藤十郎を以て植物方奉行たらしめ、八年松奉
行を兼ぬ。藤十郎即ち大に奮勵し、自から山野を踏査...