石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩創始期 第三節 前田家の晩年
家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
家の秀吉に於けるや、義は君臣にして情は朋友の如きものあり。是を以て秀吉の
を待つこと常に甚だ厚く、...
第二章 加賀藩創始期 第三節 前田家の晩年
秀吉の關東征伐と長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
小田原を略せんと欲し、天正十七年十月十日命を諸將に傳へ、明十八年三月を以て出征の
期となせり。是を以て家は、前田安勝・村井長頼・前田長種をして尾山城に留守せしめ
、二月十日には先鋒を出し、二十日に至りて...
第六章 大聖寺藩一斑
の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
資性穎邁にして士を愛すること最も厚し。一日放鷹を加賀藩領能美郡に試みしに、偶
土民の馬に騎して侯の前...
第二章 加賀藩創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今案ずるに、長の班軍せしはさまで不可思議の行動にあらず。初め長の家康より與へ
られたる任務は、越後の諸將を率ゐて...
第二章 加賀藩創始期 第八節 社稷の危殆
課役の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先、寛永十三年正月幕府は常及びその他の諸侯に課し、江戸城の外郭闉闍及び石
壁を作らしむ。常、世子光高及び三子を伴ひ、親ら...
第三章 加賀藩恢弘期 第一節 三藩鼎立
常の讓國と三藩鼎立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寛永十六年三月常江戸に往きしに、光高は是より先府邸に在りしを以て、出でゝ父を板
橋に郊迎せり。常、光高を見て謂ひて...
第二章 加賀藩創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
再度の出軍に對する故障
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長の金澤に歸りたる頃、豐臣・徳川二氏の關係は益切迫せり。是を以て長は、夙く八
月十三日を以て先鋒を發...
第三章 學事宗教 第八節 科學
本多
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
本多明は通稱を三郎右衞門といひ、北夷又は魯鈍齋と號す。父伊兵衞はもと加賀の産な
りしが、人を害して越後に走...
第二章 加賀藩創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
長謀叛の風聞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の行動を監視せり。是より先、豐臣氏の奉行石田三成・増田長盛・長束正家等相謀り、流
言を放ちて曰く、前田長封に就きたる後、城郭を修築し、武具を整備し、以て不軌を圖
らんとすと。次いで七日に至り長盛・正家の二...
第二章 加賀藩創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
大聖寺城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
同日長は、九里九郎兵衞を使者として大聖寺城に至らしめ、城主山口宗永に諭して降を
容れしめんとせしが、宗永は...
第二章 加賀藩創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
淺井畷の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長の班軍は一旦金澤城に入るを目的とせしが故に、小松城攻略の計畫を棄て、無事にそ
の兵を退却せしむるを欲...
第六章 大聖寺藩一斑
平の政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
平心を政に傾け、その士を用ふるや、常に眼を他に憎まれ他に謗らるゝ者に注ぐ。曰
くこれ或は器使すべしと...
第二章 加賀藩創始期 第五節 三國統一
太田長知の死
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七年五月四日長、老臣横山大膳長知に命じて、太田但馬長知を金澤城中に斬殺せしめき
。横山の太田を撃たんとするや、太田...
第六章 大聖寺藩一斑
第六世
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
第六世精は道の第二子にして、母は加賀藩の臣加藤景慶の女なり。寳暦八年十一月十
五日大聖寺に生まれ、幼名を勇...
第六章 大聖寺藩一斑
大聖寺藩の京都守衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
元年十二月幕府は大聖寺藩に、明年夏闕下を守護すべく、又別に戍兵を攝津の西宮に
出して姫路藩の兵に代らし...
第二章 加賀藩創始期 第八節 社稷の危殆
鋭鋒時に露はる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然りといへども、常の屈從は、錐を嚢中に藏せるが如く、その鋭鋒時に突如として露る
ゝことなきにあらざりき。初め常に異圖...
第三章 加賀藩恢弘期 第二節 前田常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
常の初めて改作法を施行したるは、慶安四年五月石川・河北二郡に於いてせるに在り。
蓋し農民の最も強硬なる...
第三章 加賀藩恢弘期 第二節 前田常の監國
江戸城の天守築造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
清泰院を失ひたる常は、更に力を幕府の爲に盡くして、その新たなる好感を惹き、以て
相互の關係を親密にせざるべからざりき。...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
寶圓寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寶圓寺は舊と越前國高瀬に在りしものにして、前田家の府中にせし時、こゝに嚴慈の
靈牌を安置し、忌辰には必ず詣でゝ冥福を祈りたりき。時に寺僧に大透圭徐...
第二章 加賀藩創始期 第三節 前田家の晩年
家秀頼の傅となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶長三年戊戌家の齡還暦に當る。因りて家は四月二十日を以て老を告げ、子長をし
て家を襲がしむ。この月家上野草津...