石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 領主及び領土
土方氏の能登領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ども、その中能登に於いては若干の他領を混ずるものあり。今之を言はんに、前田利家の
室芳春院の甥にして、利長の從弟に當れる土方勘兵衞雄久といふ者ありて、後には河内守
に叙爵せり。雄久初め織田信長に仕へ、又信雄に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今案ずるに、利長の班軍せしはさまで不可思議の行動にあらず。初め利長の家康より與へ
られたる任務は、越後の諸將を率ゐて津...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長江戸に拜謝す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長已に珠姫に於いて舅氏たり。是を以て七年正月八日啓行して江戸に赴き、公女の來嫁
を謝せんとせり。秀忠乃ち...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長謀叛の風聞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の行動を監視せり。是より先、豐臣氏の奉行石田三成・増田長盛・長束正家等相謀り、流
言を放ちて曰く、前田利長封に就きたる後、城郭を修築し、武具を整備し、以て不軌を圖
らんとすと。次いで七日に至り長盛・正家の二人...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
再度の出軍に對する故障
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の金澤に歸りたる頃、豐臣・徳川二氏の關係は益切迫せり。是を以て利長は、夙く八
月十三日を以て先鋒を發し...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の人と爲りに關しては、三壺記に一侍臣の言なりとして、利長短慮にしてその命ずる
所直に之を爲さゞれば意に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
大聖寺城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
同日利長は、九里九郎兵衞を使者として大聖寺城に至らしめ、城主山口宗永に諭して降を
容れしめんとせしが、宗永は之...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
淺井畷の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の班軍は一旦金澤城に入るを目的とせしが故に、小松城攻略の計畫を棄て、無事にそ
の兵を退却せしむるを欲し...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
太田長知の死
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七年五月四日利長、老臣横山大膳長知に命じて、太田但馬長知を金澤城中に斬殺せしめき
。横山の太田を撃たんとするや、太田刀...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長の出軍と丹羽長重
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長は家康の催促に接したるを以て、今は到底遲疑すべからずとなし、九月十一日を以て
蹶然金澤を發したりしに、...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長家康に謁す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十九日利長、丹羽長重を先驅たらしめて越前の舟橋に抵り、北庄の青木秀以と和を媾ぜし
が、長連龍に命じて暫くその行動...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の加封と利常の婚約
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶長五年九月二十八日前田利長大阪に入りしに、家康は十月十七日を以て榊原康政を利長
の第に赴かしめ、山口宗永の遺領八萬石、丹羽長重の...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して如何なりしぞや。蓋し以爲く、内府家康の智と勇と忍耐と幸運と、天下誰か能く之と
比肩すべき。如かず兒利長をして彼の指揮に任ぜしめ、天祐尚故君にあらば、則ち内府と
共に大坂を擁護すべく、世態の常則を免る能はず...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
光重の僞書説の虚妄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然れども光重が、大谷吉繼の強迫によりて利長に手書を上りたりとのことは、前人皆之に
信を措かず。越登賀三州志に有澤永貞の説を引きて、光重は當時上國...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長長重の和議成立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして利長は進みで三堂山に陣せしに、長重の老臣坂井與右衞門・江口三郎右衞門・大
谷與兵衞等、命を受けて利長の營に...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の薨去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十九年五月利長の病革るとの急報金澤に至れり。利常大に駭きて高岡に至り、親から湯藥
を採りて之を侑む。利長、利常を見て...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重の再仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
關係を圓滑ならしむるに於いて、非常の適任者なりといふべし。是を以て慶長十六年四月
十六日藤堂高虎は書を利長に與へて、利常の之を祿仕せんことを勸めしに、五月五日利長
は之に答へて豫め幕府の承認を得るの要あること...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
利長基督教に好意を有す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
南坊・徳庵等を臣僚としたる利長は、亦基督教に謝して好意を有し、己はその信者たらざ
りしも、毫も彼等の傳道を妨害することなく、寧ろ之を...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の九洲征討と利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
城に前田安勝、七尾城に前田良繼及び高畠定吉、守山に前田長種、増山に中川光重を置き
て留守せしめ、その子利長と共に京師に赴き、十五年二月二十日利長は兵三千を率ゐて先
づ九州征討の途に上れり。利家亦從はんと請ひし...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長西軍と斷つ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
而も利長は、斷然西軍と絶ちて東軍に屬したりき。論者或は利長が豐臣氏の舊恩を忘れて
、徳川氏を助けたるを難ずるも...