石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
笑被レ成。扨長九郎左衞門内鈴木と云もの、是も六十計のものなるが、御相手に成持申候
。(中略)。其夜上(利家夫人)樣、扨も大納言(當時中納言)の位にてもつかふ御持候
はと御笑候へば、宇治川をせき切事古今なき故、大納...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家夫人の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の薨後、その夫人は落飾して芳春院と號し、後慶長五年伏見より江戸に往き、徳川氏
に質となる。夫人素よ...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
利家の修築
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
澤御坊の佛殿を假用したりしが故に、その棟木に結ばれたる梱包より阿彌陀如來の像を發
見したることありて、利家夫人は之を持佛とせしが、後西本願寺の支院に與へて本尊とな
さしめたりと傳ふ。次いで高山南坊の利家に來仕する...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常は利家の第四子にして、母は小幡氏、壽福院と號す。小幡氏は初め利家夫人の侍女た
りしが、次いで側室となり、於千世又は東丸殿と呼ばれき。文祿元年秀吉征明の軍を起し
、肥前名護屋...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
脇田直賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て如鐵と號す。文祿の役、宇喜多秀家之を擒にして歸る、時に年七歳。秀家の夫人前田氏
之を憐み、その母たる利家夫人に送りて養育を託せり。長ずるに及び、利長之に祿を與ふ
。直賢、利常・光高及び綱紀に歴仕し、學を好み文を...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
徐芸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の寶圓寺に住す。慶長五年利長の高徳山桃雲寺を金澤の近郊に建つるや、徐芸その第
一世に居り、同十五年利家夫人が總持寺の三門を造りしとき徐芸に請ひて説法せしめ、傍
に芳春院を構へて彼を屈請せり。徐芸乃ち圭徐を以て...