石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第三節 市場
切物商
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
切物商は現銀商より變化したる一方法なり。蓋し給人が知行米を收納する期日は、正徳以
前より半納・本納の二回に分...
第六章 經濟交通 第三節 市場
版籍奉還以後の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
於いてさしもに殷盛を極めたりし米場は忽ち強烈なる打撃を蒙り、纔かに藩の拂出したる
越中新米參萬石を得て切物商を開始し得たるに過ぎず。而もその後天候穩かならず、米價
益向上を續けしかば貧民動搖し、惹きて切物商の取...
第六章 經濟交通 第三節 市場
延銀商
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
べきものとす。故に如何に相場の下落することあるも、買主の損失は手付銀の額を越ゆる
ことなし。延銀商も亦切物商の如く賣買の單位を百石とすれども、獨り八ヶ所米のみなら
ずその他の藏米をも賣買し、且つ翌月五日を以て受...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米仲買起請文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
者、其段右肝煎迄相斷可レ申御事。一、米方御口錢御定之通、翌月十八日切急度上納可レ
仕御事。一、旅人より切物商之儀頼越候節、米高に應じ入立銀取受不レ申、商取組遣損銀
相立、及二御斷一候而も御取揚不レ被レ遊段、兼而...
第六章 經濟交通 第三節 市場
取引の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米場に於いて米切手を賣買取引するには、現銀商(アキナヒ)・切物商及び延銀商と稱する
三種の方法あり。
第六章 經濟交通 第三節 市場
米取引に關する慣習
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事。一、米仲買所持之家は引當に不二相成一事。但、家無レ之者は中買相勤候儀不二相成
一候事。一、八ヶ所等切物商、翌月五日朝五つ時より一同集所へ出座いたすべき事。但、
出座帳へ人々記名可レ致事。一、五日朝六半時より...