石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
出師の命利常に達す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
常國に就かんと欲して江戸を發し、信濃路を經て十日越中の境に至りしに、申刻に將軍の
急使到りて利常に大阪出陣の令を傳へたりき。利常乃ち一日一夜にして城に歸るといへば
、必ず左右と共に駿を駛せしなるべく、その金澤...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪冬御陣日記
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
と聞えければ、十月十日申刻に、越中國堺より一日一夜に加州金澤へ御着被レ成。中略。
十月十四日、金澤を御出陣被レ成候。門出軍神の血祭とて御馬取御成敗、其晩小松へ御著
被レ成候。雨降り、川(手取川)以の外水出しか...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪夏陣之覺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を左に掲ぐ。慶長十九年(二十)[大阪落城以後元和元年開元]五月大坂表夏陣之覺一、
自二京都一五月三日御出陣之旨、公儀御定。藤堂和泉殿・井伊掃部殿兩組、其次越前宰相
殿、其次利常樣、其次台徳院樣、其次家康公御旗...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
津田玄蕃隊の進發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
後筋事情及二切迫一候由に付、其方儀爲二増人數一指遣候。尤出張人數惣司申付候條、其
心得に而出兵先え早々出陣可レ有二奮戰一候。且爲二官軍一出張之事に候間、先達より出
張之馬廻頭等萬事示合、參謀役可レ仕二指圖一候...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
藩臣の論功
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
高く且つ手兵を率ゐて功を奏すること多かりしを以て、藩侯は特に之に與ふるに感状を以
てしたりき。先般越後出陣、度々被レ遂二苦戰一得二勝利一、國威相立滿足之至に存候。
聊爲二賞功一、指料刀一腰・鞍置馬一疋・金子三...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
能美郡天秤職
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
字町に居住仕、丹羽五郎左衞門殿より能美郡天秤職被レ命。金銀包賃並灰吹銀吹賃等被レ
下レ之。太閤秀吉越中出陣の時御宿陣。利家公の御宿も相勤。利長公御代、先規の通能美
郡天秤職被レ爲二仰付一。』とありて、行文の叙...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
利家情状を秀吉に報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
)一、情入由尤候。此表丈夫に申付、人數不レ入候條、惟越五三日中(惟住越前守長秀)
に開陣候て、財其表へ出陣候。其間を無二越度一樣に、聊爾之働有間敷候。爲レ其申遣候
。恐々謹言。筑前守九月八日(天正十二年)秀吉...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
利家の出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
末森城が包圍せられたりとの戰報は、十日金澤に達せしに、利家は申刻を以て直に甲を擐
して起てり。利家夜話...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
津幡の軍議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
や〱と御出馬。』と應へしかば、利家は笑ひて彼が卜筮の絶妙なるを賞し、馬に跨りて征
途に上れり。利家の臣出陣に後れたるもの陸續として至り、之を檢すれば二千五百餘人を
算したりき。
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉征明を利家に報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るは天正十三年九月にして、その後參與したる戰は小田原役及び征明の役のみとし、前者
は二月に於いて利家の出陣を見たるを以て、必ず後者に關するものたるを推定すべし。書
中の『かゞねいや八』は加々江彌八郎重望にして...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の名護屋出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
征明の大事業に參加したる利家は、彼が秀吉に對する最後の奉公として、その子利長と共
に全力を擧げて軍務に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しよりこゝに至るまで十二日を算し、その行程の將にかくの如くなるべきを考へらる。か
くて利長は既に濃尾に出陣するの命を得たりといへども、家康の江戸に歸りしは八月六日
に在るを以て、當時直に南上するは時機尚早きに...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
珠姫發着の月日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
揆少々蜂起之由ニ付而、下二人數一可二相働一之旨被二仰出一候間、當國人數庄内邊迄罷
立候。就レ其拙者式も出陣仕候條、乍レ存以二使札一申上候。隨而御太刀一腰・御馬代黄
金一枚並紅花百斤致レ進二上之一候。委曲横山大...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
豐臣氏の諸將擧兵の意を告ぐ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るに都下商賣の倉廩に在るもの若干、是等皆卿の處置に一任す。今黄金千枚を卿に贈る。
宜しく軍容を壯にして出陣せらるべしと。利長之に應へず、大阪より遣はしゝ書を齎し、
本多正純を介して之を駿府に上らしめき。家康之...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
再度の出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前役の後、豐徳二氏の關係が如何に推移し、而して遂に再戰の避くべからざるに至りしか
は、こゝに述ぶるの必...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
外寇の警報初めて至る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に處する所あらしめんとせしに、この時文治既に久しく士氣頗る弛緩したりしを以て、僕
隸の徒に至りては或は出陣の命あらんことを恐れ、病と稱して仕を辭し郷里に歸るものす
らあり。青木與右衞門も亦任に適せざりしが如く...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
長州征討參加命令の取消
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、於二此方一忝儀滿足之事に候。然上者乍二大儀一此方名代与被二相心得一、紙之人々何
卒無二遲滯一可レ有二出陣一候。其餘横目・使番・兵士・大炮等茂可二指添一、委曲月番
より可二申達一候。右人敷指揮方御手前可レ任二...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍出征と長藩の歸順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして十一月廿五日、長連恭は出陣の日將に近きにあるを以て、參内して天機を奉伺し
たりしに、孝明天皇は傳奏野々宮中納言をして厚く之を犒は...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の越前出兵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に止るものありしを以て、十一月二十九日慶喜は用人黒川嘉兵衞をして亮三郎を招かしめ
、加賀藩兵の越前路に出陣せんことを要求せり。藩乃ち命を奉じ、甚七郎等三人及び礮隊
長武田金三郎友信をして慶喜の援軍たらしめき。
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
浪士との交渉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かに一快戰せんことを欲すとの同答を與へたりき。因りて浪士等又書を送り請うて曰く、
貴諭に依れば、尊藩の出陣する所以は一橋侯を援くるに在りといへり。而して余輩が先に
水戸侯の一親族に投じて歎願せんと欲すといへる...