石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
火災に關する記録
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
多し。今その災害の著しかりしものを列擧せんに、概ね左の如し。寛永十二年五月九日拂
曉、河原町の後地より出火し、河原町・竪町・石浦町・南町・堤町・尾張町・新町・中町
より、大鋸屋(オガヤ)町を經て田井口に押廻し...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
所囑託札場。一、貳拾八ヶ所橋。内壹ヶ所大橋。一、貳拾六人燒死候者。内拾壹人女。右
前月十日申刻寺方より出火、翌十一日巳後刻火鎭り申候。風烈敷候而、書面之通燒失仕候
。以上。卯五月十日(寳暦九年)松平加賀守(重...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
山口宗永等の墓所と子孫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
じといふ。是今田中屋六左衞門隣の屋敷後ロの軒下に在り。始此處に大きなる松の木有。
此松は田中屋六左衞門出火之節燒死す。以前此處に堀口傳左衞門居住之由。此人居候時は
.右之塚に大松ありて、是を露地に取一段高くし...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
地震
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日申刻時分大地震に付、御城中御圍御石垣等大損、並御家中土塀等大破、河北郡宮坂村家
立皆潰、曁右潰家より出火。神主家内六七人相果。且亦此村前の潟に太き成島出來。〔郡
方舊記〕○安政五年二月廿六日朝大に寒、今日半...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
朝元火消頭役となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は近習頭の職に在りて消防の事に從ひしを以て、頗る人目を惹きたりといふ。同四月五日
(元文元年)石浦新町出火之時分、御近習頭大槻内藏允、三十人組之者并御手木足輕召連
、火事場え馳向所々防候由。此儀先頃以來、若何...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
串の遊廓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
來りて驕奢を鬪はす者多く、歌吹の聲涌くが如くなりき。是を以て、文政六年十一月三日
串茶屋の劇場附近より出火し、部落の大半を燒夷せしに拘らず、忽ちにして舊状を挽回し
たりしが、天保十三年水野忠邦の勤儉令を布くに...
第一章 制度法規 第四節 租税
村萬雜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ては面(ツラ)懸りとも稱するものにして、戸別平均に之を課し、浪人・虚無僧・乞食等に
棄捐する諸費用及び出火に基づく雜費等之に屬す。第三は關係者のみより出すものにして
、盜賊に關する費用、喧嘩口論爭議に關する費...
第六章 經濟交通 第三節 市場
金澤の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
暮の兩度に場錢を徴收したるものより之を控除し、殘額を四座主の間に分配せるなり。弘
化二年十月横堤町より出火せし時、集所も亦類燒の難に罹りしが、後六間に八間の平屋造
を建て、爾後八十年間大正の末に至るまで之を使...
4 城絵図
(1) 加賀国金沢城絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
8cm>>目録へクリックすると原本の画像が開きます文化5年(1808)正月15日金沢城二ノ
丸御殿から出火し、二ノ丸の建物の大半が炎上したため、幕府に提出した城郭補修願絵図
の控図。同年10月には石垣の修理と...