石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
山口宗永等の墓所と子孫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
國葛野郡下山田の人にして、同國綴喜郡宇治田原の城主たりし山口勘助秀景の子なり。秀
景曾て京師の誠心院を再建す。是を以て誠心院にも亦宗永・修弘の供養碑ありて、前者を
松元庵珍山宗永大居士、後者を吸江院玄庵宗龐大...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
初而從二公儀一三社並に五ヶ所之室共に御造營被二仰付一、其以後元祿年中平泉寺より相
願、是又三社室共に御再建被二成下一儀。右室之儀は諸國參詣人之爲に古來より有來候犧
と相見え、御造營之砌平泉寺より棟札茂打候得共...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
川上芝居の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
が、七月十八日藩は突然之を禁止し、その小屋を賣却せんとせしも、拂下を希望するもの
なかりしを以て、當時再建中なりし東木願寺末寺の掛所として寄進せしに、一向宗の信徒
たる市民は大に喜び、八月二十五日以降獅子・祇...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
寶圓寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しかば、乃ち古制を繹ね、之を本邦の機宜に稽へ、諸侯五廟圖説を作りて之を上れり。是
に於いて綱紀は寶圓寺再建の志を決し、元祿四年自ら記したる大願十事の中に之を載する
に至れり。寶圓寺は是より先寛文九年に修築せら...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
天徳院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
面に『菅氏大宗祠、支那國沙門高泉』と刻したるもの、その他二三を存するのみ。今存す
る堂宇は、同六年八月再建のものに係る。
第五章 殖産製造 第四節 林業
御林山設定の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の所有山林なきが爲用材に困難する時の如きは、特に無償下附し又は低廉に拂下ぐること
あり。神社佛閣の新造再建せらるゝに當り、その用材の寄進を仰ぐものある時は亦之を下
附することあり。凡そ藩用の爲にする時は、郡奉...
4 城絵図
(1) 加賀国金沢城絵図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
二ノ丸の建物の大半が炎上したため、幕府に提出した城郭補修願絵図の控図。同年10月に
は石垣の修理と建物再建が許可された。16本の朱線で文化5年の被害状況がわかり、また
宝暦大火後の復旧状況も屋根の色で判別でき...