石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
内總構の掘鑿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二番町の南端を過ぎ、下新町裏より主計町に至りて淺野川に達する長さ十四町五十間のも
のとの二條あり。後世内總構と稱するもの即ち是なり。
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
外總構の掘鑿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
乃至二間とす。外總構の成るに及び金澤城の防禦は、最前線として淺野川・犀川を利用す
る外、東北に在りては内總構の枯木橋、西北に在りては外總構の升方、西南に在りては又
鞍月用水の香林坊等を最も要害の地點とせり。
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
領内及び金澤城の防禦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りしといへども、尚懸崖峻坂を有するを以てその不利を償ふことを得べかりき。その他城
を距ること數町にして内總構・外總構あり。水深水幅甚だ大ならざるも、亦幾分防禦の便
宜に供するを得べく、街衢の要地には大身巨室の邸...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
市區の擴大
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
町・博勞町・今町・河原町・大工町・竪町・石浦町を半役銀とし、その外に地子町及び裏
屋小路ありき。此の年内總構の塹濠を疏鑿し、十五年又外總構を作れりといへども、市坊
の變ずることなかりしが、利長の高岡に隱棲せし後...
2 町絵図
(3-11) 金沢十九枚御絵図総略并仕立方覚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
絵図主附御用有沢才右衛門貞庸(花押)同遠藤数馬高璟(花押)右之通相認七月朔日指上
候処、同八月御絵図之内総構堀幅書継并町名等書入、且図籍・草図及術書相調指上候様被
仰出候ニ付、文政十三年庚寅十一月迄ニ夫々出来仕...