石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼豐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兼重の弟兼豐は通稱を甚吾といひ、兄の家を繼ぎ、慶應二年伊勢大掾相續を許されたるも
のにして、その作品は兼重と共通す...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
鞘師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大せし際には、高尾甚右衞門・小西伊太郎・杉本惣吉等數十の工人ありて各その手腕を發
揮せり。明治二年鍛工兼豐・清光の朝命を拜して御劔を作りし時、その室は伊太郎及び惣
吉の製する所なりき。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
嘉永以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大に活況を呈し、多數の作品を後世に遺せしが、その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭
とし、木下氏の兼重・兼豐兄弟、松戸氏の榮次郎勝國、洲崎氏の國平・國光父子、杉本氏
の信政・信友父子、その他押水甚藏正國・永井保...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
明治初年の鍛刀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上一候間、此段宜御達被レ爲レ下樣奉二願上一候。以上。明治二年二月藤江清次郎清光松
戸榮次郎勝國木下甚吾兼豐御細工所〔藤江氏文書〕
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
樣伏而奉二願上一候。以上。明治四年十二月刀鍛冶藤江清次郎清光同松戸榮次郎勝國同押
水甚藏正國同木下甚吾兼豐同山田久右衞門兼政同永井保之丞信義同洲崎幸次國光同杉本丈
次郎信友金澤縣廳市長岡部勤(奧書)本文(指令...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼久
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
久二年六月歿、四十七歳┃┃文久二年十一月歿┣━孝次郎┃┃┃┣━彌三郎┃┃┃甚吉、
慶應二年伊勢大掾┗━兼豐明治四十年歿、七十七歳兼久は關兼元の末葉にして、その初代
は元龜の頃加賀に入ると傳へ、爾後數代に及ぶと...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼重
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
木下氏の中著名なるは兼重・兼豐の兄弟なり。兄兼重は通稱を甚之丞といひ、安政六年伊
勢大掾を受領して斯界の先輩と仰がれ藤江清次郎清光と...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
その他
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その他、兼重の門人に兼政あり、山田久左衞門と稱し、慶應頃の作品ありて兼豐に類す。