石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼春 兼則
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
關系の第二を兼春及び兼則の一族とし、その家名を炭宮氏と稱す。炭宮祖初竹右衞門關兼
春に相傳二宗兵衞三作兵衞秀勝━━━━┳━兼春...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の全盛期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
重・家忠・光國等、美濃派に在りては辻村一族に屬する越中守高平・景平・有平・又助兼
若・清平等、炭宮系の兼則・兼春、敷村系の兼卷、その他系統不詳の移入刀工二十餘人あ
りて、一々枚擧するの遑あらざるなり。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たれたり。即ち貞享元年八月の鍛冶位付調書に據れば、兼若・勝國・高平・吉家・勝家、
非人小屋に罷在清光・兼則を上作とし、光國・友重・家平・信友を中作とし、守種・幸昌
・兼裏・越中清光・二代忠吉・信貞を下作とし、...