石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼久
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
關系の第四に兼久あり。その家を木下氏と稱す。初甚吾二甚之丞、高岡住後小松住三太兵
衞、明暦頃小松住兼久━━━━━━━━...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加州刀の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て遜色なきを知るべく、その非凡の手腕に轉た敬服せずんばあらず。泰平亦子弟の教養に
力を致し、木下甚太郎兼久・杉本吉九郎信政・松戸善太郎勝國等の良工を出し、神戸盛矩
も亦鍛法を泰平に學び、その鑑識的知見を廣めて...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子方となるに至りて退轉す。之を要するに關系には既に炭宮氏を失ひ、兼若派と兼卷派と
は蓑滅の前期に屬し、兼久派は當時停壇し、獨陀羅尼系と清光系とのみ永く統を垂れしも
のにして、之を寛永・寛文期に比すれば人員も半...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
┣━泰定┃文化元年歿┃┃七右衞門、泰平門人┣━泰重┃文政二年歿┃┃杉本吉九郎┣━
信政┃┃┃甚三郎┗━兼久
第四章 美術工藝 第六節 刀工
幸昌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
關系の第五を幸昌とす。兼久一族と同じく木下氏を稱するは、元來縁故あるものにあらざ
るか。加越能鍛冶由來考には幸昌を藤島友重の流と...