石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
日預銀手形百目代錢十貫文の定相場となし、小指(コザシ)を止むべきを令せり。然るに錢
貨拂底の極、市中の兩替商等皆營業し能はざるに至りしを以て、彼等は藩に請ひて、各自
百文より一貫文に至る輕便の預錢手形を發行せし...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
銀札停止の後、加賀藩にては幕府製造の金銀貨と錢貨とを混用したりしが、前田齊廣の時
、文化十一年秋金澤の兩替商酒屋宗左衞門・升屋次右衞門・森下屋九郎次郎・木屋孫太郎
等は、藩の御算用場の認可によりて、銀子預手形を...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前に述べたる兩替商發行又は町會所發行の銀子預手形は、藩の財政當局たる御算用場の直
接に關する所にあらず。文政八年の新銀子...