石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
新貨比較通解
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
[元金澤藩札元大聖寺藩札]新貨比較通解表元金澤藩札之分┃元大聖寺藩之分藩札名稱新
價格名稱┃藩札名稱新貨價格名稱十貫文札は五十錢七厘に改むべし。┃五貫文札は二十
一錢に改むべし。五貫文札は...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
現銀御拂米 延拂米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時價の七分乃至八分を上懸(アゲカケ)銀とし、御算用場より米穀の切手を得て納租を爲し
、翌月その地の平均價格公定せらるゝを待ち、十日以内に拂米代銀の殘額を上納せしむ。
但し拂米の價格は、公定價格よりも一石二匁宛...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
藺筵の販路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小松表ともいへり。而して藩の經濟政策は自給自足を目的としたりしが故に、專ら藩内の
需要を豐富ならしめ、價格の低廉を計るに努むると共に、之を藩外に輸出するはその嚴禁
する所なりき。唯自藩用に不適當なる劣等品の如...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
煙草の藩外輪出
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若し商人にして煙草輸出の許可を得んとするものある時は、先づ町會所に申告し、町會所
はその數量・移出先・價格を調査し、移出先の價格が移出元のそれに比して勝れるを認む
れば利益高を標準として課税し、その納入の後鑑...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銅錢と鐵錢との比較
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の鑄型を用ひたる鐚錢多く行はれ、青銅錢と共に同じく一文として通用せられたり。而も
青銅錢と鐵錢とを同一價格とすることは、甚だ不條理なるが故に、加賀藩に在りては、文
久二年十一月令して、寛永通寶一文錢を鐚錢二文...
第六章 經濟交通 第三節 市場
魚類の賣買
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しが如く思はる。利常の世袋町に魚市場の起りたる後寛永四年九月の定書に據るときは、
請賣業者は問屋の拂渡價格に二割の利子を加へて賣捌くべしといひ、且つ彼等の暴利を制
限する爲、日々の收支を帳簿に記入して、一ヶ月...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
元祿の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三十日以上に亙りたる延賣買を停止したる如きは、稍措置の妥當なるを見るといへども、
商人の米穀賣買に公定價格を設けしかば、彼等はその利益を壟斷する能はざるを以て、米
を藩外に輸出して高直に賣拂はんと企て、或は貯...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
二代目孫右衞門の奸邪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て干渉する所なからしめたりしかば、寛文元年に於ける長氏の收納成績頗る佳良ならず、
その賣拂ひたる米穀の價格大に低廉なりき。是に於いて金澤の老臣は、半郡中の農吏を召
喚して審問し、その中道閑・上野・池島三人の十...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
飢  饉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明治二年氣候順ならずして禾穀熟せず、貢租不納多く、儲穀亦缺乏して價格騰貴し、貧民
飢餓に陷るものありしかば、金澤藩は管内三州に令して酒造高を例年の三分の一に減ぜし
め、又米...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
山中塗の蒔繪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り金澤より前後に輸入せられたりといへども、元來山中塗の特長とする所は、轆轤を用ふ
る木地挽の巧妙なると價格の低廉にして浴客の購求に適することにありしを以て、蒔繪を
施して裝飾とするものゝ如きは製産の僅々一部分...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
漆器販賣方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
平次・笠間佐次右衞門外十名は相協同して大黒講を組織し、一面職工養成の方法を定むる
と共に、一面には販賣價格を平準ならしめ、各自の販賣區域を侵害することなく、而して
この規約を遵奉せざるものを處罰する等の申合を...
第五章 殖産製造 第四節 林業
御林山設定の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
許可することあり。山廻役常にその擔當區域を巡視し、若し風損木を發見したるときは極
印を鎚し、少數なれば價格を定めて地元の村落に拂下げ、多ければ附近に廣告して入札拂
とす。地元の村落より損木あることを郡奉行又は...
第五章 殖産製造 第四節 林業
運搬法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雪中陸地の運搬に橇をも使用せり。津出はその都度出願して許可の證印を得、浦役人木材
の數量を調査し、その價格に從ひ凡そ百分の一の口錢を徴し、之を御算用場に納入するを
要したりき。
第五章 殖産製造 第七節 製織
散絹屋仕入問屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛延三年九月小松了助町御座屋又兵衞といふ者、町奉行に請ひていふ。近年絲の生産不良
にして價格連りに騰貴し、絹屋にして絲を仕入るゝこと能はざるものあるが故に、絹の産
額隨ひて減少せり。且つ先年來絲...
第五章 殖産製造 第七節 製織
能登縮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村の婦女子これに從ひ、近江に輸出して近江布の原料に供せられたり。然るに近江商人等
は種々の口實を設けて價格を廉にせしかば、製絈の業漸く壓倒せられて將に衰滅に歸せん
としたりき。是に於いて本江村北村惣助・同村河...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
紙屋谷の製紙
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に注意して保護の法を設け、且つ之を藩外に販賣することを嚴禁せり。蓋し自領の供給を
豐ならしむると共に、價格の騰貴を防遏せんが爲なりしなるべし。因にいふ、前に掲げた
る二俣村の御料紙由緒覺帳には、五郎兵衞が二俣...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
刻煙草の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
辣殆ど堪ふべからず、深く喫煙に中毒せしものゝ愛する所たり。その他、二十粉ありて、
上品ならずといへども價格低廉なるを以て最も多く常用に供せられき。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
刻煙草の包裝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
煙草の銘を、裏面に押切にて屋號を押捺せり。煙草の量目は一包二百匁と定め、之を一斤
と稱す。藩末にはその價格二百文より最上等三百文に及べり。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
葉煙草の賣買
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は、聯繩のまゝ之を齎して煙草屋に販賣することあり。是等の葉煙草は乾葉の儘にして熨
斗することなく、その價格は製造せる刻煙草と多くの差なし。是を以て全然小賣のみの營
業者を見ることなく、煙草屋は即ち製造業と販賣...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
諭したることあり。同年六月又小賣の酒肴・青物・菓物・炭薪の賣買には錢貨を用ふべく
、その他の商業にも、價格銀一匁以下なる物には錢貨を用ふべきことを令せり。覺一、一
駄荷四十貫目、乘かけ荷二十二貫目事。一、駄ち...