石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郡滿泉寺村地子地觸頭明王院金澤卯辰拜領地祈祷料拾俵明王院觸下(越中に在るを以て略
す。)臨濟宗寺院觸頭傳燈寺河北郡長屋谷拜領地寺領百石傳燈寺觸下寶勝寺金澤泉野寺町
拜領地少林寺金澤泉野寺町拜領地高巖寺金澤三構拜...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
千岳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、攝津の人なり。東漂西泊の後、加州城下寳勝寺に投じ、生を托鉢の中に送る。承應三年
七月前田綱紀命じて、傳燈寺の傾廢を興隆せしむ。千岳拮据經營し、明暦元年三月成るに
及び入りてその寺主となる。初め藩主利常・光高二...
第三章 學事宗教 第八節 科學
本多利明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郷邸の傍に住し、文政四年三月十六日を以て歿す、年七十八。加賀の門人關貢秀等深く之
を惜しみ、碑を河北郡傳燈寺の境内に立つ。大正十三年二月十一日朝廷贈るに正五位を以
てせらる。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
臨濟宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
臨濟宗に在りては、河北郡に暦應中恭應運良の開創せる瑞應山傳燈寺ありて、頭寺の地位
を占め、寺領を給せられたりしが、之に屬するもの僅かに九ヶ寺に過ぎず。明僧高泉の我
が...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
初期の畫界
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りては、加賀・能登二國中殆ど繪事の傳ふべきものあるを見ず。唯僅かに臨濟の僧恭應運
良が、暦應の頃河北郡傳燈寺に住して丹青の技に長じたる、能登の守護畠山義統が、應仁
・文明の頃に出でゝ菅公の圖を遺したる、加賀の守...