石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利長守山城に鎭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
たび秀吉の領に歸したるを以て、秀吉はこゝに代官寺西治兵衞秀則を置きて守らしめき。
當時加賀・越中の國境倶利伽羅附近は、利家の成政と抗爭の巷となりし際、住民堵に安ん
ずること能はずして流浪せしもの甚だ多かりしを以て...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の國境撤退
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是の月成政は、鳥越・倶利伽羅二城の遂に保つべからざるを慮りて、その守兵を撤せり。
利家乃ち前田秀繼をして越中に入り、新に今石動に城...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
祈禱と醫療
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
憂ふべきものありしかば、五月二十七日利常の老臣横山長知・奧村榮明・篠原一孝は、江
沼郡敷地神主・河北郡倶利伽羅明王院・羽咋郡一ノ宮神主・珠洲郡三崎神主・礪波郡埴生
神主に命じて、延命息災の祈禱を爲さしめ、或は連歌...
第六章 經濟交通 第四節 交通
加賀能登の主要道路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
領内の陸路中、加賀にありては北陸道を主要道路とし、南は越前の細呂木より加賀の橘に
入り、北は加賀の倶利伽羅より越中の今石動に出づ。その距離凡べて十八里三十五町と稱
せらる。北國街道中の津幡より分岐し、二里二十...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大熊八 ノ 谷市 ノ 谷彦太郎畑笠池ヶ原大畠莇谷宮田(以上笠野郷)坂戸越 中 坂苅安上
野河内九折原森倶利伽羅(以上河村郷)若緑余地長柄谷上 田 名笠島横山宇氣宇野氣新鉢
伏鉢 伏 新森内 高 松高松高 松 新木...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
佐々氏側の配備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前田氏に對する佐々氏側の配備は、倶利伽羅の壘を最前線と爲し、佐々平左衞門・野々村
主水をして之を守らしめ、井波城には前野小兵衞を將とし、阿尾城...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の今石動攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
じて進撃せり。是に於いて前野小兵衞は生兵を發して側面を突き、前田氏の軍爲に死する
もの十數人あり。時に倶利伽羅の將平野五郎右衞門等變を聞きて來り救ひ、銃手をして敵
背を脅さしめ、斬獲數十人に及びしかば、敵遂に敗走...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の慣用戰略と成政の體度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
と題したる書中、成政防禦の状を叙して『越中以二國界一爲二總構一、引二出山材一切二
倒大木一成レ柵、始二倶利伽羅峠左右一、鳥越・竹橋・小原・松根此外取出城三十六也。
根城木舟・森山・益山・富山等十餘箇所、以上國中東...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉軍の越中進撃と成政の投降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十九日利家は前軍に將として發し、二十日倶利伽羅に陣し、二十二日安養坊坂に至り、以
て富山城に肉迫す。是に於いて秀吉は呉服山上に布營し、中越廣漠の平野...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉諸將の來援を辭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政征討の軍状を述べて甚だ詳密なり。廿五日至二于龜山一歸陣仕之由に候。此中各苦勞共
に候。仍當表事、越中倶利伽羅峠に馬を立、先勢東は立山うばだう・つるぎの山の麓迄令
二放火一候處に、木船・守山・増山以下所々敗北候に...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政降伏後の秀吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
印こふひで吉〔北徴遺文〕○此表爲二見廻一使札、殊道服二・鐵炮合藥貳百斤贈賜候。祝
著之至候。仍越中儀、倶利伽羅峠ニ立レ馬、先勢東は立山うば堂・つるぎの山麓迄、悉令
二放火一候處、木船・守山・増山以下、所々城共敗北...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三年四月十五日、能州瀧谷妙成寺萬人講三十五會、札開所卯辰三寳寺、金銀取遣所卯辰蓮
花寺。十二月二十日、倶利伽羅長樂寺富突十二會。明和四年五月三日、石動山寺社爲二修
覆用一萬人講十五會、寺町於二眞長寺一興行。九月四...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蕉風の勃興一笑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ばあらず。是を以て彼が加賀を通過せし當時の事情如何は、最も詳密に之を究めざるべか
らず。芭蕉が越中より倶利伽羅を超えて、金澤に入りしは、この年七月十五日なりしが、
偶大坂の商人何處も亦こゝに在りしを以て、之と旅宿...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五拾石福壽院金澤卯辰地子地養福院能美郡小松拜領地大用寺能美郡粟津村世尊院石川郡本
吉地子地長樂寺河北郡倶利伽羅村拜領地寺領百拾壹石五斗八升八合外五石七斗山手米觸頭
波着寺金澤小立野拜領地祈祷料拾壹石五斗波着寺觸下...
第六章 經濟交通 第四節 交通
江戸出府の日程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は十四日の行程を普通とす。而して前記第一例による旅次の日程は即ち左の如し。第 一
日森下小休津幡中休倶利伽羅小休今石動宿泊里程六里二十五町。第 二 日福岡小休高岡宿
泊里程四里。第 三 日小杉・下村小休東岩瀬中...
第六章 經濟交通 第四節 交通
萬歳下道中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にやはたの八幡を、拜して通る津幡宿、五穀成就萬民の、共に御晝は賑しき。暫しねざさ
や竹の橋、前坂越えて倶利伽羅の、餠に大小ふどうあり。三里の峠打越えて、埴生の八幡
伏拜み、今石動や小矢部川、心にかゝる七瀬川、四里...