石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
白山嶺上神祠の修營
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
白山嶺上なる神祠を修營するの權利に關して、その山麓の部落牛首・風嵐と尾添との相爭
へることは、天文十四年より初りしが、藩政時...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
平泉寺と尾添及び石徹白との爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
尾添村民は延寳・元祿の例を引きて、大汝の神祠がその支配たるべき理由を反覆せり。但
し延寳に於ける大汝の修營は、尾添側も平泉寺も共に關係せしところにあらざりしなり。
而して石徹白の社家に在りては、亦素より別山の...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
課役の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
金澤城を留守せしめ、自ら名古屋に至りて工事を督せしが、その築造せし所甚だ多かりき
。十六年三月幕府禁裏修營の役を諸侯に課せし時にも利長・利常二人之に與り、十九年正
月家康の子福島城主松平忠輝の高田に移封を命ぜ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
江戸城の天守築造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
互の關係を親密にせざるべからざりき。偶明暦三年九月二十七日幕府は、諸侯に命じて江
戸城の諸門及び橋梁を修營せしめ、又加賀藩をして前年災に罹りたる天守臺を築造せしめ
き。利常これを以て報効の好機至れりとなし、萬...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添の邑民嶺上神祠を修營せんとす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明暦元年白山嶺上の祠殿大に壞れしが、尾添の邑民等出でゝ興造の材を伐採せり。是に於
いて福井領牛首・風嵐...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
福井藩の抗議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に熟せずして自らその可否を斷ずる能はざるが故に、先づ事情を幕府の寺社奉行に稟し、
その指揮を仰ぎたる後修營に着手すると否とを決すべしと抗議せり。當時利常は江戸に在
り、而して小松はその菟裘の地にして福井と相距...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
嶺上神祠造營の勅許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に在りては文献を探り、口碑を集め、異日訴訟を提起する場合の準備を爲したりしが、そ
の中尾添村民の祠殿を修營し得べき權利あることを證明するに最も有力なる者は、天文十
三年白山禪頂杣取を尾添村に許されたる綸旨、同...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
爭議の再燃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その後嶺上三社中御前・大汝の神祠大破し、山麓の村民皆その修營を代官杉田九郎兵衞に
請ひたりしを以て、延寳九年(天和元)四月代官は胥吏を派して實状を視察せしめ、その...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
牛首風嵐村民と平泉寺との爭論
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
したる平泉寺との間に内訌を生ずるに至れり。正徳元年三月落雷ありて御前の神祠を破り
しかば、平泉寺は之を修營せんことを幕府に請ひしに、牛首の村民にして白山神主と稱す
る山岸十郎右衞門・加藤權十郎及び風嵐の村民加...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の歸國と救濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
頻々として江戸に達せしかば、その行程を短縮すること三日にして、同月十一日金澤に着
し、當時二ノ丸の殿閣修營中なりしを以て蓮池邸に入り、月番年寄前田孝貞を召し、藩吏
が救恤の法を謬りたる爲、領民中餓死するものあ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の薨去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
まんと欲し、幕府に請ひてその許可を得たり。是に於いて翌九年三月を以て國に就かんこ
とを期し、豫め殿閣の修營を命ぜしに、諸般の準備漸く成りし頃より病状甚だ佳ならず、
四月上旬に至り益篤きを加へたりしかば、大に名...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
大聖寺藩の操芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る能はざりしが、支藩大聖寺領には宗藩の如き禁令を布かざりしと見え、寳暦十年江沼郡
山中の醫王寺が、堂宇修營の資を得る爲なりと稱して富突を計畫せし際、諸人を來集せし
むるの手段として門前に操芝居を興行せしめしに...