石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作食米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作食米は、百姓の出作(デサク)する頃より食糧として要する米にして、藩は春季に於いて
之を貸附し、その年内に返...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作食藏懸札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ら者に候條左樣に可二相心得一事。一、作貧米之儀、毎年秋初より十村共縮いたし、收納
以前可二取立一。惣而作食米は百姓共助成被二仰付置一事に候間、百姓中も添存無レ滯藏
入可レ仕事。一、作食米は耕作丈夫にいたすべきが...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
夫食貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
夫食御貸米は、出作(デサク)仕入の爲に貸附せらるゝものなるが故に、その實作食米に同
じ。然れども作食は、寛文中定められたる石高によりて、各村の借り受け得べき量一定し
、年の豐凶に關せ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
變ならしむる定免法を採用せんとしたるものにして、農民をしてこれに應ぜしめんが爲に
は、春初貧窮なる者に作食米を貸與して秋收の際之を返還せしめ、又産米の足らざる年に
は貸米によりて之を補足し、豐穰にして餘裕ある時...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、加賀藩に於いて之を改作法と稱したるものにして、租率を定むるに毛見法を用ひずして
定免法に據り、百姓に作食米を貸與して、農繁期に食料の憂なからしめ、又時々田地割を
行ひて、百姓各個の耕耘する土地の品位平均を計り...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せるものなり。その法、米穀の産額増大を以て國益の第一なりとし、耕作を勵まして農民
の貧窮に陷るを防ぎ、作食米を貸與して力役に堪へしめ、隱田を禁じ、新開を奬め、租率
は一村を通じたる免相(メンアヒ)に從ひ、年々の...