石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも
、實際の地積を異にするが...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
持高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。之を持高と稱し、その面積各差あり。持高に對して免相に當る額は藩又は給人の收納米
とし、その餘は各自の作徳米なり。作徳は作得の意にして、その中更に夫銀・打銀・村萬
雜を支出し、殘額を手取作徳と稱す。百姓は持高...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
免 定免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事に免許有レ之と申意味歟と申考有レ之。』と解説すれども當らず。蓋し免は元來公納の
意にあらずして、百姓作徳の率を指したるものとし、領主より見て之を免と稱すること極
めて適切なりしなり。然るに慶長十一年の頃に至...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
坪持
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高は歩當り狹く地味劣惡なるが如きことあればなり。因りて之を避けしめんが爲、歩平均
・高平均・尻目打又は作徳平均の法によりて地元を平均せしむ。この四種の方法は、百姓
の協議によりて何れを採るも可なりといへども、...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
縮高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
縮高(シマリ)とは、犯罪又は脱走等により沒收せられたる高をいひ、村役人をして作配せ
しめ、その作徳米は之を賣却して代銀を上納せしむ。但し變死人・牢死人の遺したる高は
、場合によりてその男子に與へらるゝ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
御用地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。藩が給人の拜領地に供せんが爲、百姓の土地を請地として使用するものにして、その地
元の合盛米は、租米と作徳とを問はず凡べて地子米として算し、普請會所より代銀を以て
下附せらる。故に之を引高とすることなし。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之に對して改作法施行以前より存せしものを古田(コデン)と稱す。新開に在りては、初年
・次年の收穫は全く作徳たらしめ、三年・四年に在りては内檢地極高を定めたる上、圖免
(ツモリメン)の半額を藩の收納とし、五年に...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
享保の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
才殘一石三升五合六勺八才。是を斗代十五に割。六ッ九歩四毛内三ッ四歩五厘二毛、御收
納三ッ四分五厘二毛、作徳〔留書〕
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
誤謬の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
法によりて考ふるに、先づ産米總額中より口米及び夫銀米の割合を内掛にしたる額を控除
し、然る後定納と百姓作徳との比率による免を算出せざるべからざりしなり。之が爲に享
保の算法に基づく時は免四ッ三歩五厘九毛を得べ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
卸付米用捨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
等有レ之節、用米切り不レ申儀は不相當儀に候間、以來は乃至御貸米之高御收納に壹割之
御用捨に相當候はゞ、作徳にも壹割の征(シヤウ)にて致二用捨一、都而御貸米之征を以用
米之内切り申儀に取極申渡候間、親作・子作心...