石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
作人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作人とは耕作者の義なり。野毛又は荒地を新開する時、その地元を作配するを何村領新開
作人と稱するが如し。
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
攘夷説と和親説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、之を輔くるに農兵の徴募を決行すべし。若しそれ農兵の徴募によりて生ずる農事の減退
を補はんが爲には、代作人を雇傭せしめてその賃銀を藩より支給するを要す。かくて逸を
以て勞に對せば、一朝干戈の間に相見ゆることあ...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
井口濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之餌。何足三以蹈二盈車之鱞一哉。取レ籃而去。宗意者我藩某公時人。官至二定番尹一。
嘗爲レ予言レ之。新年作人厭二我重聽一。不レ問亦不レ言。新年鷄狗日。無二復昔時喧一
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
取高 切高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
畠賣買仕候儀彌御停止候。若給人並下代等之證文を取、代米を渡申候共、相二背御法度一
候條、毎年貢米之儀は作人より可レ被二申付一候。田地買取候代物之儀は、買主可レ爲レ
損事。(下略)寛永十四年三月十六日横山山城守...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
買返高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
懸作の高を、懸作人が切高したる時、本村の百姓購入することあり。この場合に於いては
本村に回復したるに同じきを以て、普通の...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るとあり。後者にありては、餘剩の高を小高持又は頭振に耕作せしむ。地主より見るとき
は之を卸作といひ、耕作人よりは請作と稱す。卸作を爲すには歩卸によるを本則とす。そ
の方法は、親作より地元若干を、その村の規定に...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
皆濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
すべく、尚必要の額に達せざるときは持高の一部を切高とし、その禮米によりて年貢を皆
濟するを古格とす。請作人にして收穫の不足したるときは、賣物代銀を以て租米を補ふ額
を引去り、その殘餘を御貸付屎物代及び小作年貢...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割施行の實例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
近き鬮地に不レ紛、苗代に可二相成一ヶ所取極、一石高に付歩數十八歩宛引、其餘堅く引
地仕間敷候事。一、請作人に茂、作田に應じ、苗代不二指支一樣爲レ致可レ申定之事。一
、御田地割初之儀は、苗代引田より割可レ申事。...