石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
獨住制の採用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
太政官は、百事改革の期に際し、總持寺が元來永平寺より分派せるものなるを以て、總持
寺に於ける五院輪番の住職制を廢して獨住を選擧せしめ、總持寺の獨住寺主より總本山た
る永平寺に昇任せしむべしとの法を定め、以て一...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
妙成寺の定書發布
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
内容は、近時一致派と勝劣派と和睦したるを以て、今後自讃他毀を避くべしとなし、併せ
て法式・説法・勸化・住職・座列・法衣等の各項に亙りて規定したりしなり。定一、一致
勝劣和睦之上者、都鄙本末一統之儀候條、彌自讃...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
色衣問題
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て認諾することを肯んぜず。從つて色衣以外の條目も亦實行せらるゝに至らざりしかば、
妙成寺は新たに諸寺の住職となり又は隱居せんとする者に許可を與へず。信者も亦藩の指
定したる僧録に反抗する諸寺の體度を慊らずとし...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
致有レ之、古來より之由緒勤方旁を以相認候哉、先住代寳永五子年に由緒書書上げ申候。
當阿名院は六年以來之住職に而、前々之儀は不二存奉一候。持善坊儀共に、何故室に籠り
札寳印等差出候證據之儀は可二申上一品無二御座...
第六章 大聖寺藩治一斑
釆女利昌と寛永寺の凶變
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て塋域に詣で、饗を寛永寺の子坊惠恩院に受くべく豫定せらる。或は曰く、その寺號は顯
性院にして、惠恩院は住職の號なりと。而してその際利昌は中宮使の接伴となり、大和國
柳本藩主にして一萬石を領する織田監物秀親は大...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
三衣問題の再燃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
決すべく、敢へて幕府の公裁を煩すを許さずとして退廷を命じたりき。この年九月藩は、
越中に在りては瑞龍寺住職に押隱居を、加賀に在りては棟岳寺に隱居蟄居を、希翁院・金
剛寺に寺外隱居を、傳燈院・廣昌寺に逼塞を、能...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大圓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大圓、所居を大會堂と號す。鹿島郡池崎一向宗西派安淨寺第十二世の住職なり。能化功存
に師事し、三業派の巨匠となる。大圓博學宏辯にして、自ら學舍を設け、多く近郷の緇徒
を集め...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
鎔泯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鎔泯、鹿島郡尾崎一向宗西派明泉寺第十世の住職にして、學徳兼ね備へ、本山より助教に
補せらる。天保三年學林に講師たるの命を受け、將に發せんとするに當...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
賢幢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賢幢、號は鶴溪。金澤田町一向宗東派西方寺第十世の住職なり。文政元年以降高倉學寮に
寮司となり、天保元年十一月擬講に進み、十二年正月廿六日寂す。享年七十一。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
法賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
相院と稱す。明和七年越中上新川郡濱黒崎一向宗東派寶藏寺慈賢の二子として生まれ、後
に石川郡金石妙覺寺の住職となる。法賢高倉學寮に入りて香月院・香樹院兩講師に師事し
、文政中加賀法論の際にはお助け方の一人たり。...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
賢明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賢明、鹿島郡七尾西勝寺の住職なり。天保十一年以降高倉學寮に寮司となりて、講説の事
に與り、嘉永二年擬講に進み、慶應元年を以て寂す。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
環定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
環定、法名は教念、開得院と稱す。金澤木町即願寺第十一世の住職なり。初め圓乘院講師
に就いて宗餘乘を學び、亦外典を究め詩歌を能くす。安政三年高倉學寮に寮司となり、文...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
了榮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、後に開悟院靈暀に宗學を傳ふ。弘化元年鳳至郡廣岡滿覺寺了長の養ふ所となり、爾後廣
陵氏を冐す。安政五年住職を襲ぎ、明治二年擬講に任じ、八年近江愛智川寶滿寺に移り、
二十四年嗣講となり、三十一年講師に進み、三十...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
慈影
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し、長崎に赴きて基督教を研究し、傍らその宣布の歌を視察す。六年擬講に進み、七年江
沼郡大聖寺町願成寺の住職を襲ぎ、龍山氏を冐し、二十九年嗣講に進み、三十四年講師を
經、大正十年一月四日僧正に補せられて示寂す。...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
白華
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
護、梅隱・西塘・林泉・孤松と號し、所居を古松庵といふ。松本氏。石川郡松任一向宗東
派本誓寺第二十六世の住職なり。白華天保九年十二月を以て生まれ、十三歳京に上り、海
原謙藏・劉三郎等に漢籍を學び、又大坂に往きて...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ん、京本正寺と[經師の開基は本正寺末多し。]本末之公事諍論在て大騷動也。出入六ヶ
年にて落著せり。其内住職遷化するにや、三四年は無住なりければ、觸下の八ヶ寺入院退
院等之諸願差支故に、觸下を放れ皆屬二スル妙成...