石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
伏見寺縁起
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
藤五郎の造れる藥師如來を安置せりといふ金澤伏見寺の縁起も、その内容略藤五物語に同
じく、唯行文頗る佛臭を帶び、且つ藤五郎が天兒屋根命の苗裔にして、能登...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
より玉泉寺空地まで諸寺・町家兩側不レ殘燒亡して、遍照寺隣寺よりうしろの足輕町さゝ
か町へ燒出、野田寺町伏見寺門前大圓寺切にやける。向側妙典寺切にて、野町の方は極樂
寺の隣町家二三軒、向側いなば藥師翠雲寺の下の方...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
金澤の名稱と芋掘藤五郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を以て彌陀・藥師の三像を鑄しめて安置す。其の彌陀は今の百姓町慶覺寺の本尊是なりと
云ひ、藥師は今の寺町伏見寺本尊是なりといひ、和五が懷にせし守本尊の觀音は今の卯辰
觀音院の本尊是なりと云ふ。又其の三犢の來りし方...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
藤五物語
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
和子とはからひつゝ、かの三つのかぶともて佛像を造らせ、さてその里にひとつの寺を營
み、里の名なればとて伏見寺と名づけ、彼ほとけをば本尊とはなしける。かくてその小牛
の出來れる山をば、三小牛の山と名づけぬ。その後...