石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤祐之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伊藤祐之、字は順卿。初の名は由言、字は思忠。剡溪・白雪樓又は觀文堂と號し、又華野
と號す。伊藤由貞の甥にして養...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩界の革新
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、昌言の同窓小瀬良正の詩も亦絢爛の奕々たる霞錦の灼々たる、新井白石常に之を推賞し
て措かざりき。同時に伊藤祐之あり。祐之經史に通じ、旁ら文辭を能くし、嘗て韓客と應
酬せしとき彼をして一唱三嘆せしめたりといふ。葢し...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
生駒直武
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
生駒直武、字は君烈、通稱を内膳といひ、柳亭と號す。萬松樓はその讀書の所なり。伊藤
祐之に從學す。嘗て四書集註四聲辧疑二十五卷を著し、又觀文堂四書講義六十卷・柳亭集
等の著あり。直武閥閲の家...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
不破篤敬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
不破篤敬、宇は子行、通稱治部右衞門、梅關と號す。伊藤祐之の門人なり。洙泗の道學に
篤く、其の詩亦見るべきもの多し。秋日登二雁嶺一至レ夜賞二月於牛頭山一白氎之巾...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
岡田信之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
岡田信之、字は信民、靜山と號す。伊藤祐之に學び、志を經學に篤くすること二十年。人
と爲り勤儉にして至孝なり。その著に靜山集ありて、生駒直武之に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
今井景忠 中川因胤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
生駒直武以下皆伊藤祐之の門に出づ。其の他尚今村景忠號は石崖、中川因胤號は信亭等あ
り、皆學窻を同じくす。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田吉徳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
紀が碩學老儒を招聘し、學術を奬勵したりし餘慶により、此の持經學詩賦盛に行はれ、室
鳩巣は既に藩を去り、伊藤祐之も亦遂に歿したりといへども、二氏の門流より出でたる者
皆斯界に重きを爲せり。
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
竹田昌忠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
竹内昌忠、通稱金右衞門、雲軒と號し、伊藤祐之の門人なり。その詩は誦すべきもの少し
といへども、和歌に在りては頗る秀逸に富み、應教百題等後世に傳へて...