石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤由貞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伊藤由貞、字は太享、萬年と號し、其の講書の堂を春秋館と稱す。京師の人なり。少年に
して松永昌三に學び、晩年加州...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ず。餘炎の煽するところ一藩翕然として風をなし、好學の士皆その嚮ふ所を誤らざりき。
鳩巣と時を同じくして伊藤由貞あり。松永昌三の門に出で、元祿九年來りて金城に客寓し
、生徒を教授す。由貞の猶子祐之、幼にして共に金城...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、其の次子永三代りて祿せられ、平岩仙桂・澤田宗堅・中泉恭砧・五十川剛伯・羽黒成實
・小瀬助信・稻宣義・伊藤由貞・兒島景范・小瀬良正・木下廣孝等の諸儒、相次いで褐を
繹くあり。特に木下順庵の寛文四年を以て金澤に來る...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤祐之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伊藤祐之、字は順卿。初の名は由言、字は思忠。剡溪・白雪樓又は觀文堂と號し、又華野
と號す。伊藤由貞の甥にして養はれてその嗣となり、共に加賀藩に來る。祐之經史に通じ
、傍ら文辭を能くす。是を以て正徳元年...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田誠明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賀藩の臣となる。人となり風流、居恒詩を好み、常にその空知閣に端座して沈吟す。一時
本多政敏・岡田重元・伊藤由貞等と相徴逐し、數〻宴をその閣上に開きて詩を賦す。格調
老蒼一種の氣味を帶ぶ。篠原懷古蕎里一堆懷舊切。怒...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大澤猶興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に仕へてその家老となり、祿七十石を受けしが、元文四年致仕して石川郡増泉村に住せり
。猶興學を羽黒成實・伊藤由貞二人に學び、著す所耕窠集・君山詩草あり。寛保二年九月
七十餘歳を以て歿す。秋日集二建山人宅一高樓美酒百...