石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤 嘏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伊藤嘏、字は純夫、石臺と號す。祐之の子にして本多政行に仕ふ。明和八年藩主前田重教
の徴す所となり、儒官に列す...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し、特に門下に秀頴を出せるは之を大書するの價値ありとすべし。その後延享年間に由美
希賢あり。明和の末に伊藤嘏あり。鴇田忠厚あり。いづれも加賀侯に登庸せられたる學士
中の錚佼を以て稱せられ、本藩の漢學が隆盛に赴け...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
吉田茂雅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雅、字は執禮、屏翰と號す。程朱の説を墨守し、謂へらく吾が道の秘薀茲に盡きたりと。
高畠慶成・小寺惟孝・伊藤嘏・村瀬又次等の輩と與に、六經四書の討究に沒頭し、文詩を
作るを屑とせざりき。畜徳堂雜懷涼風送二三伏一。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
賀古清廉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賀古清廉、字は伯操、通稱群吾郎、鏡湖と號す。伊藤嘏の門人なり。性愿朴にして飾らず
。その學考亭の宗派を固守し、詩も亦終身廢せず。然れどもその作る所蕞品に...