石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りたる後に於いても、春日山窯は尚衰勢ながら存續し、先に木米に從ひて技を習ひたる本
多貞吉・越中屋兵吉・任田屋徳右衞門等その業に勉めたりき。然りといへども此の年兵吉
は十九歳、徳右衞門は十六歳にして、尚一個の熟練職工たら...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
任田屋徳右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
任田屋徳右衙門は陶工兼畫工にして、粉雲堂梅閑と號す。寛政四年金澤に生まれ、初め畫
を春日神社の神職高井...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
隻眼を有したりといへども、固より陶工にあらざるを以て、本多貞吉の門人たる山上屋松
次郎、木米の弟子たる任田屋徳右衞門及びその子徳次を雇用し、更に小松より畫工鍋屋吉
兵衞を招き、周到なる經營によりて優美精良なる作品を出す...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯諸工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯に屬したる諸工は、山上屋松次郎・任田屋徳右衞門・同徳次等、木米の系統に屬す
るもの多し。その中陶工たりし松次郎は、能美郡の陶磁界に貢献せしこと多かる...