石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第一節 職制
仲間 小者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仲間小者とは雜役に服する雇傭者の總稱なり。そのうち仲間は小者の上位を占むるものに
して、一に馬捕とも稱し、...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
明治初年の鍛刀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
料同四百三十目之處一、七百五十目不時御用御番刀打立料右私共三人え十文字御鎗身二筋
並御番刀三腰宛、其外仲間共え者御番刀御身二腰宛不時打立被二仰付一相勤來り候所、職
道仕入方追々高貴に相成、就レ夫是迄増銀も可レ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二歎願一候。私共儀數代刀鍛冶職仕罷在候に付、往古は御米並炭山・居屋敷等も被レ爲二
下置一、寶暦九年より仲間共一統毎歳御切米二十俵宛頂戴被二仰付一、其上入精之者共え
者爲二御賞美一三人御扶持頂戴被二仰付一、天明...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
漆工徒弟の待遇
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
まで晝煙草一本半の事。一、弟子共年期中猥に戸外爲レ致間敷、且又心得違之者は手職取
揚げ、早速回文を以て仲間一統へ案内可レ致候。已來右体之者召使申間敷事。一、職人之
内不心得にて作病抔申立日を缺き申者は、相互に...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
極度の衰廢と藩の合力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
毎歳御切米二十俵宛被レ爲二下置一、爲二御冥加一山刀十挺宛打上納め申候處、明和六年
には右御切米二十俵は仲間一統より御取上之上、毎歳銀子四百目宛を被二下置一候事と相
成、御山刀も八挺宛に減じ奉二打上一候處、銀子...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米中買起請文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
向後私共中買仕候樣被二仰付一、難レ有奉レ存候。最前より之御定書竝今度御書出之趣、
急度相守可レ申候。若仲間に、米中買之儀に付手立ヶ間敷儀仕候者有レ之候者、殘る者共
より御斷可二申上一御事。一、私共取持、米賣買...
第六章 經濟交通 第四節 交通
中荷持三度飛脚の合同
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は益盛運に向かひ、差立定日を四日・九日・十四日・十九日・二十四日・二十九日の六回
となし、明和四年には仲間二十五人の株立を以て從業し、安政元年にはその數を増して三
十二人とせり。江戸三度飛脚の取扱所は、後更に...
第一章 制度法規 第二節 祿制
俸祿の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡そ藩侯に仕へて役務に從ふもの、上は年寄・家老の貴より、下は仲間・小者の賤に至る
まで、皆その俸祿を受けざることなく、而して俸祿の種類に知行あり、切米あり、扶持米
あり...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
帶刀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。通常士分より以下歩・足輕に至るまで皆兩刀を帶すれども、狩獵の際には殺生刀一腰の
みなることを許さる。仲間・小者等は平素無刀とし、公式行列に加る時は脇指を帶す。
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
射初 打初 乘初
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・酒を賜ひ、乘馬の徒は賄席に於いて一汁三菜・取肴・酒を、歩並の乘馬者には一汁二菜
・煮物・取肴・酒を、仲間小頭・足輕・足輕並には一汁二菜と酒とを與へらる。この日又
馬洗の儀あり。諸場・諸役所の吏も、用初と稱し...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
正月十日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。佛殿は徳川氏歴世の廟なり。この日藩侯は直垂を着くるを以て、隨從の供頭太刀を捧げ
、配膳は布衣を着け、仲間二人及び沓持は八徳を着す。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
田邊 輅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
詩稿の著あれども刊せず。明治三十年八月九日歿す、年七十六。東方芝山六秩賀巉巖氣節
杳難レ攀。眼界誰居伯仲間。遺恨三呉諸子弟。却因二書畫一重二衝山一。本節叙述する所
は、國典の研究より古言古書の解釋、文法音韻の...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
嫉して右妙法寺え爲レ致二日經止宿一間敷、尤説法堅ク可レ爲二無用一也、若無二クンバ
承知一則可レ除二宗門仲間一と申懸し故に、不レメ得二止事一ヲ右の寺より三輪氏え斷申
達しければ、志摩守殿大に腹立あつて宣ひけるは...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
村肝煎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作所の認可を經るを古法とせしが、寛文八年より同苗の同意によりて申請するの例を開け
り。同苗又は同名とは仲間を意味するものなるが、この場合には組合五ヶ村の肝煎を指す
なり。同苗若し合意する能はざる時は、御扶持人...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
江戸製金箔賣捌の許可
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
自宅一金箔製候儀堅不二相成一事。一、改印無レ之金箔類商賣致聞敷候事。一、金箔類之
儀、江戸金箔屋共より仲間内取り引、安直段を以買入、且賣出し直段の儀者・金箔屋共去
亥年(天保十年)中申立定書之通可二相心得一事...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米仲買起請文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り買出申御切手も入念之上取次書可レ仕、若不埒成筋出來仕候者、取次仕候者より急度相
辨可レ申候。自然商賣仲間之内前段之趣相背候者於二見聞仕一者、無二用捨一中買肝煎迄
相斷可レ申御事。一、御算用場御拂米竝御給人御...
第六章 經濟交通 第三節 市場
銀仲業者の起請文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
取受申間敷御事。一、後刻銀貸付方、中買身元見計。不レ應二分限一銀高貸付間舖御事。
附、右貸付方私共商賣仲間互申合、一人え過分之貸付高に相成不レ申樣相心得可レ申事。
一、銀子借出申節。何れ之御切手質入にいたし、...