石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀錢貨の交換比例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金貨・銀貨及び錢貨の公定交換比例は、寛文七年幕府發行の金銀貨が充實したりし後は、
金一兩を銀六十四匁とし、金一分を銀十六匁、金一朱...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
預銀手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せり。然れどもその甚だしく低下せる場合にありては、天保三年七月の如く、預銀手形八
十三匁を以て金一兩と交換せしことあり。預銀手形の錢貨に對する比例も、亦金貨の錢貨
に對する比例と必ずしも一致することなし。即ち...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
替地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村方にして隣村と地元を交換する時は、之を替地と稱す。兩村の領犬牙錯綜し、而して地
味に厚薄なき時、互に示談して同歩數を交換せんと...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで文政六年六月町會所發行の銀子預手形の形式を改め、その發行手續を嚴ならしめ、
舊手形を悉く新手形と交換せり。新手形の種類は、一貫目・五百目・百目の三等にして、
小額のものは皆停止せらる。この手形は磨滅せる...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
加賀藩發行の錢札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は銀の通用を廢したるを以て、五月藩は錢札を發行し、錢札百文を銀札一匁に相當するこ
とを定め、漸次銀札の交換引上を行はんと計畫せり。錢札の種類には、十貫文・五貫文・
一貫文・五百文・三百文・二百文・百文・五十文...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
大聖寺藩の札遣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、大聖寺藩にては二十年十月を以て之を通用せしめたりしが、翌元文元年四月七日城下の
町民等銀札と正銀との交換比例の不當なることを唱へて札場に殺倒せしことありき。之よ
り後銀札の沿革に就いては全く之を明らかにする...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
廻禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三ヶ日間には又藩士互に訪問して祝詞を交換す。賀客は必す座敷に入り、式臺より直に辭
し去るが如きことをなさず。賀客を迎ふるものは、先づ熨斗三方を...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高面振替
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能登の奧郡に限り、百姓の高と人名とを頭振に交換することを許さる、之を高面振替とい
ふ。例へば百姓甲が高一石を所有する時、之を頭振乙に讓り、乙は百姓甲...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
親作より地元若干を、その村の規定による合盛を以て小作に貸附するの契約成立するとき
は、卸状と請作状とを交換し、收穫終るときは卸付米を徴す。この場合に在りては納租そ
の他の諸掛りを凡べて親作の負擔とす。又餘米卸...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明暦二年八月朔日附によりて之を頒ち、寛文十年七月口米の量を異にしたるを以て、同年
九月七日附の村御印と交換せり。而して加賀藩内に在りても、長氏の舊領たりし鹿島半郡
には延寶七年三月十三日附によりて與へ、初め幕...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の金銀貨を製造したりしが、五世綱記の寛文七年に至り、藩の製造したる貨幣の通用を禁
じ、漸次幕府のものと交換すべき命を下したりき。凡そこの間に於ける貨幣製造の如何に
盛なりしかは、近藤守重の金銀圖譜に擧げたる各...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
物々交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上記の如く藩初に於いて既に金銀貨ありしといへども、その數固より多からず。且つ小額
の支拂に當つべきにあ...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀豆板銀の通用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
豆板銀を通用し、朱封銀を停止すべき令を發せり。是に於いて京都の銀座は、丁銀・豆板
銀を輸入して朱封銀と交換せしが、その相場は朱封銀百目に對して丁銀又は豆板銀百二匁
の支拂を爲せり。この時輪入せられたる丁銀及び...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は封内に於いて吹立たる灰吹銀の切かねを以て小額の取引に當て、若しくは上代よりの慣
習に隨ひて、米穀等を交換の媒介となしたるが故に、殆ど錢貨の通用を見ることなかりし
といはる。然るに承應三年幕府は重ねて寛永新錢...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札の發行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
當りて、直に正銀を停止して假札を發行し、次いで十月十八日に至りて本札を發行し、札
座に於いて先の假札と交換せり。その種類は、百目・五十目・三十目・二十目・十匁・五
匁・三匁・二匁・一匁の九種にして、表面に銀何...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
新銀預手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、十匁より一匁に至る小割手形を發行せり。之と同時に七月を限り、一貫目の新銀預手形
を幕府發行の新貨幣と交換し、五百目札は九月、その他は翌九年三月悉く引換を了し、同
月二十日を以て通用を停止したりき。是を以て新...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。文政八年の新銀子預手形は、御算用場之を發行せしといへども、固より幕府の命により
て古金銀と新金銀とを交換する爲、一時の便宜に出でしに外ならず。然るに文政九年藩の
保證によりて手形を發行せしめんとの議あり。こ...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の繼續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに十一月に至るも、到底この銀仲預銀手形を回收して、正銀を仕拂ふの準備なかりし
かば、交換の爲に新手形を造りて之を發行したるのみならず、翌十年三月更に百目手形總
額二千五百貫を増發して、正銀と...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新札を發行せり。かくて銀仲預銀手形は、御算用場及び町會所の監督によりて、その汚損
せるものは常に新札と交換せられ、之と同時に紙質益精良を加へしかば、贋造の憂殆ど跡
を絶ち、その發行者が銀仲なりしに拘はらず、藩...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
御算用場の預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明治元年五月以降錢札と引換へ、三年四月を限り通用停止を告示したりしも尚殘存し、六
年五月政府の新貨幣と交換するもの總數四十一萬二千五百九十三枚、この銀價九百六十三
貫百九匁なりき。