石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
沖太郎義平の捕縳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
にて殺害被レ致居、傍に何者歟兩人扣居候に付、名前等相尋候處、三等上士山邊沖右衞門
嫡子沖太郎・一等中士井口義平与相名乘、只今本多從五位殿与見諸候に付兩人申合及二殺
害一候。此上は執政衆に御目に懸り委細御達申度旨申...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
山邊沖太郎井口義平と其の同志
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
時に藩士山邊沖右衞門の子沖太郎及び與力井口義平あり。二人は元來從兄弟なるを以て相
善かりしが、常に政均の藩政を擅にし私福を張るが故に時事日に非なるも...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
連累の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
略闡明するに及び九月晦日最終の口供書を作製せり。三等上士山邊沖右衞門嫡子山邊沖太
郎巳二十六歳一等中士井口義平巳二十一歳口上書私共儀、當八月七日於二殿中一本多從五
位を及二暗殺一候に付、於二刑獄寮一可レ被レ遂二御...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
本多政均の人物調査
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
裁可二申付一旨被二仰出一候條、此段申渡候也。辛未二月十四日(明治四年)藩廳〔金澤
監獄所藏文書〕○士族井口義平右義平儀、去巳八月七日元執政本多從五位を及二切害一、
不屆之次第官邊え及二御達一候處、自裁申付、世襲祿...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
井口義平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
井口義平は幼名を義四郎といひ、義三郎の子なり。垂髫にして父を喪ひ、祖父鐵太郎に育
養せらる。鐵太郎人と爲り謹厚...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
暗殺者に傀儡師なきか
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
久徳傳兵衞及び上坂丈夫等は之に乘じて幾分煽動する所ありしにあらずやと疑はる。又近
藤勝綜といふ者あり。井口義平の近親にしてその隣家に住せしが、事變の前義平の擧措平
生に異なるものあるを見、屢その妄動するなからんこ...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
菅野輔吉傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
顧みざるに至れり。然るに義父の歿後、輔吉初めてその無學を耻ぢ、藩校に入りて書を讀
み、遂に山邊沖太郎・井口義平と交りて政均暗殺の事に加れり。明治四年政均の臣矢部策
平等の復讎する所となりて死す。享年二十三。