石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五十川剛伯、字は濟之、鶴皋と號す。平安の人。平生慷慨にして氣を負ふ。初め武を好み
しが、後節を折りて書を讀めり。...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
雅筵を本郷邸に開く
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。この日讌に與りしものは、林鵞峰・林鳳岡・林春東・人見友元・野間三竹・野間允廸・
平巖仙桂・澤田宗堅・五十川剛伯にして、前の六人は幕儒、後の三人は藩儒なり。皆當代
學界の錚佼にして、或は園中の勝景を吟じ、或は綱紀の...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
死稍時機の早きに失したる憾あるのみと。初め朱舜水が水戸侯光圀の聘に應じて江戸に來
りしとき、綱紀は儒臣五十川剛伯をして就きて學ばしめ、遂に之を介して楠公傳を草せん
ことを求めしに、舜水は傳に代ふるに賛を以てせんこと...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仙桂も亦褐を釋き、寛文五年には澤田宗堅、同六年には中泉恭祐、同十二年には僧高泉の
來るあり。延寶三年に五十川剛伯あり。同六年に木下順信あり。天和に羽黒成實あり。貞
享元年に室鳩巣あり。正徳四年に兒島景范あり。何れも...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
巣に命じ、順庵に就きて教を受けしむ。當時明儒朱舜水來りて水戸侯の客となり、江戸に
居る。綱紀亦寛文八年五十川剛伯に資を給し、舜水に就きてその學を傳へしめ、後擢んで
ゝ藩の儒員たらしむ。大夫奧村庸禮・その子悳輝も亦同...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ざらんや。松永昌三然り、小瀬道喜然り、平岩仙桂・澤田宗堅亦然り。奧村庸禮・奧村悳
輝皆然らざるなし。唯五十川剛伯のみ才學卓絶にして、一時國卿大夫之が門に遊ぶもの多
く、その君侯に侍する若しくは文人墨客に接する、花農...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永昌三は綱紀治世の初に於いて退隱したるも、其の次子永三代りて祿せられ、平岩仙桂・
澤田宗堅・中泉恭砧・五十川剛伯・羽黒成實・小瀬助信・稻宣義・伊藤由貞・兒島景范・
小瀬良正・木下廣孝等の諸儒、相次いで褐を繹くあり。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の詩學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宴に侍するもの、林鵞峰・林鳳岡・林晋軒・人見竹洞・野間三竹・野間允迪、及び我が儒
平岩仙桂・澤田宗堅・五十川剛伯なり。綱紀八儒に命じて育徳園八景を分賦せしむ。鵞峰
は乃ち長林晨暉を得たり。詩に曰く。賓二迎出日一茂林...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の著述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
卷・繋年文海等は、皆自ら集輯せしところ。その他林鵞峰をして兩朝時令を、中原職俊を
して職原家傳秘録を、五十川剛伯をして學聚間辧を、田中式如をして新撰和訓解を、中原
祐信等をして萬姓統譜明人續纂を、中原職資をして續紹...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
忠孝の鼓吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吹するの志あり。寛文五年朱舜水の水戸侯に聘せられて江戸に寄寓するや、綱紀はその學
徳並びに高きを崇び、五十川剛伯・奧村庸禮・古市務本等に命じて相尋いで就きて學ばし
めき。また楠公父子訣別の圖贊を舜水に求め、剛伯をし...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村庸禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に壽宴を設け、弘文學士院林鵞峰・林鳳岡・林晋軒・林欑・人見竹洞・狛庸・木下順庵・
木下順信・木下順倫・五十川剛伯・源弼・小瀬順理等の學士を始とし、平敬與・平易武等
八十餘人を招請して、詩を賦し文を屬す。狩野探幽その...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
九里將興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
花下に宴を設け、奧村庸禮・前田知頼・富田重治・原元寅・奧村英定・野村重威・源貞廣
等を延きて詩を賦す。五十川剛伯便ち之が序を作り、以て李青蓮の桃李園に比す。一時傳
稱してその風流韻事を嘉賞せり。草堂即事茆亭一池上。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
津田孟昭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり。老後の名は義門。仙令と號し、その居を嘉樂亭又は温故齋と名づく。食祿一萬石。
人と爲り倜儻にして、五十川剛伯に從學す。元祿八年七月涌浦温泉に浴せる紀行の詩三十
五首あり、能く其の地景を寫す。剛伯後序を作りて推賞...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金屋懋續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一絶句を賦す。一年光景卜二今夜一。多少登レ樓空失レ望。娥態不レ知誤二佳會一。漫爲
二雲雨一背二吟腸一。五十川剛伯座に在り、之を評して曰く、恰好と。
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
野村重威
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
野村重威、書を讀み、詩を作り、室鳩巣・五十川剛伯等と交る。又連歌を好み、能順と互
に唱和す。享保九年八月十六日歿す、享年五十八。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
寶圓寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
法輪食輪並びに輾轉の頗る自在なるものありき。降りて前田綱紀の時に至り、祖宗の爲に
五廟を建てんと欲し、五十川剛伯を朱舜水に遣はして唐土の制を問はしめき。舜水屢辭せ
しも可かれざりしかば、乃ち古制を繹ね、之を本邦の機...