石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
乾 祐直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
乾祐直、字は子健、其の居を山水堂といふ。別に莊岳と號す。幼より頭角嶄然たり。初め
山下散人土橋辰眞に學びて詩...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
臭を脱せず。景周幼にして宗家富田修和の養ふ所となり、終にその統を襲ぎて祿二千五百
石を食み、經學詩賦を乾祐直に學ぶ。景周と同時に小幡親久あり。佳節に遇ふ毎に、宴を
その碧雲樓に張り、詩客を會す。景周時に年二十五...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳を執りその間に翺翔す。由美希賢・横山政禮・
不破浚明・中西尚賢・乾祐直等筆を載せて相盍簪し、實に詩壇の登龍門なりき。隆達歿し
て後詩盟を繼ぎしものに澁谷潜藏・林翼等の二三子...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
土橋辰眞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
綿を送る詩あり。山下結レ盧容レ膝安。老來求レ道不レ求レ官。素綿一束休レ言レ薄。寄
去爲レ君防二歳寒一。乾祐直・村瀬克忠等その門に出づ。以上列記せるものは、前田綱紀
の治世に當り、他より招聘せられて儒職となり、若...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
操。世乏二其人一豈解レ刀。交誼金蘭君只在。轉看古道照二綈袍一。政禮著す所、東皋初
稿二卷あり。その跋は乾祐直の作る所なり。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
井上盛亮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
井上盛亮、字は文甫、九嶷又は鳳梧と號す。乾祐直の門に遊ぶこと十餘年。盛亮横山隆達
の乾乾樓の詩會に臨むときは、老儒先生といへども時に舍を避くることあ...