石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷本窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
個の製陶所を起し、藩吏藤懸八十城・村民三藤文次郎をして之を管理せしめたりき。而し
て藩が之に名づくるに九谷本窯を以てせし所以は、古九谷の最盛期を現出せんとするの希
望に出でたるなり。是に於いて陶工永樂和全を京師よ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷本窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
九谷本窯の原土は、初め之を江沼郡杉水に得たるも、産額多量ならざりしを以て、京都及
び能美の良土を使用することゝ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡掉尾の快擧
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して發展の餘地なかりしにも由る。是を以て安政・文久中一時頗る沈滯の状を呈せしが、
遂に藩末掉尾の快擧は九谷本窯に於いて試みられたりき。
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
永樂和全
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
双璧と言はれし人なり。京都に於ける永樂系は元來製磁に精しく、石燒と樂燒との製品極
めて少かりしが故に、九谷本窯が白磁の完成を期して和全を聘したるは實に適當の措置な
りしなり。和全は文政六年に生まるといひ、その山代...