石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
久徳傳兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
久徳傳兵衞、諱は尚則。初め新番組に擧げられ、後大小將組に進む。元治の變、傳兵衞藩
に在りて書を不破富太郎に致し、...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
暗殺者に傀儡師なきか
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ども、石黒圭三郎が岡野外龜四郎より聞きたりとして傳ふる所は之と異にして、この陰謀
は第一に慶寧側室の兄久徳傳兵衞の賛成を得、保守黨たる執政前田直信及び舊と家老たり
し青山將監悳次二人もまた共に善後の事に任ずべき默契...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰父子幕府の徴命を辭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に應ずべきにあらずと。因りて富太郎・恒太郎は上書しで論爭し、また慶寧の近臣大野木
源藏・堀四郎左衞門・久徳傳兵衞に勸めて諫止せしめんとせり。齋泰乃ち慶寧の侍讀千秋
順之助に諮詢せしに、順之助も亦所見を述べて順逆を審...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
勤王論者の慶寧輔導
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
導して大成せしめ、延きて一藩の方針を確立するを得策知りとし、乃ち東西の風聞を得る
毎に必ず一通を寫し、久徳傳兵衞を介して之を上れり。而して慶寧の意は、固より幕府の
措置に滿足せざりしといへども、その地位未だ藩政に關...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
太郎等に一任し、而して奸邪を屠る如きは壯年の士專ら之に當らんと。因りて奔走畫策至
らざる所なかりしに、久徳傳兵衞・大野木源藏・堀四郎左衞門等も亦同志を輔けて屢献言
するに至りしのみならず、慶寧の侍讀千秋順之助は側近...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この時大野木仲三郎は金澤に歸りて、八月十四日野口斧吉・高木守衞と共に久徳傳兵衞
家に會し、入京以後の形勢を報じたりしが、その夜藩は命じて仲三郎を自家に禁錮し、後
玉井勘解由の邸に移...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
將人弟大野木仲三郎切腹料理人青木新三郎流刑慶寧附大小將頭大野木源藏流刑慶寧附物頭
堀四郎左衞門流刑使番久徳傳兵衞生胴青山將監附與力福岡惣助刎首定番歩士組小川幸三永
世主人預入獄[年寄横山三左衞門給人]野口斧吉永牢[...