石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
藩政以後の中居鑄物師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かくの如く中居鑄物師は、朝廷と御藏氏とに對して一種の義務を負ふと共に又專業權を有
して繁榮したりしが、前田利家の能登を領せ...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
中居鑄物師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て朝官の受領を請ひたるを以て、天正四年御藏宗弘は鑄物師座法の掟なるものを制定して
配下に頒ちたりしが、中居鑄物師も亦素より同一の取締を受けたりき。鑄物師座法之掟一
、御公用被二仰出一候節者、尊二朝恩一無二遲滯一相勤...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
金澤鑄物師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鑄物師が御藏氏の取締を受けたることは、啻に中居鑄物師にのみ限らるゝにあらず。され
ば金澤鑄物師たりし村山四郎兵衞の如きも、正徳中上京して鑄物師職たるの許可...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
村山氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鑄物師村山氏の初めて金澤に移りしものを新左衞門正久といひ、中居鑄物師新左衞門の第
二子なり。正久のこの地に來りたる年紀は、明らかに之を知り得べからずといへども、そ
の物故の...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
宮崎氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
中居鑄物師の一人に宮崎某あり。前田利家の七尾城に治するや、天正十年召されてその地
に移りしが、翌十一年利家は金澤...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
鹽釜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、その出願により製鹽に要する形太釜又は淺釜を鑄造下附し、その代償は鹽を以て年賦賠
償せしむ。鹽釜は初め中居鑄物師の製造する所なりしが、寶暦中より越中高岡に於いて廉
價に提供し、從ひて中居の鹽釜製造は衰微せり。