石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
不破浚明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
不破浚明、一名は嚴、字は和平、南臺と號す。篤敬の子なり。藻思蔚然、詩を以て一世に
冠たり。格調雄渾にして明人の...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
程朱派の再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たりき。故に士の苟くも職を君側に奉じ、教鞭を藩校に執らんと欲するものは、皆この途
に馳せざるべからず。不破浚明の詩人として藩主の左右に侍するや、その標榜する所の經
學は古義なりしといへども、藩校の既に起り擇ばれて...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
々樓上に會して、唐明の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳を執りその間に翺翔す。
由美希賢・横山政禮・不破浚明・中西尚賢・乾祐直等筆を載せて相盍簪し、實に詩壇の登
龍門なりき。隆達歿して後詩盟を繼ぎしものに澁谷潜...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤祐之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
和せり。享保十四年藩臣前田孝和の慫慂に因り、帷を下して教授せしに、門人市を爲し、
加藤惟寅・生駒直武・不破浚明・朝倉景純・朝倉嶽等その翹楚たりき。後終に仕へずして
歿す、時に元文元年二月、齡五十六。著す所白雪樓集...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田重教
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田重教、字は道積、九皋又は以寛齋と號す。學を好み、詩賦に長じ、屢由美希賢・不破
浚明等をして詩を作らしむ。失題一生孰胥識。年富看猶征。嚢出二東方郭一。今屏二藩北
營一。爭忘二花境宴一較在...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
由美希賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の如し。希賢又詩を工みにし、徂徠の重んずる所となる。加賀藩に在ること二十五年。明
和六年十一月前田重教不破浚明に命じて冬至の詩を賦せしむ。浚明七律一篇を賦して之を
上る。曰く『淑景知下從二北陸一通上。朝施二春令一...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り。佳節に遇ふ毎に、宴をその碧雲樓に張り、詩客を會す。景周時に年二十五、春夜の盛
宴に會す。酒酣にして不破浚明等詩を求む。景周直に賦して曰く。劔舄相迎眞俊髦。百鍾
春酒酌二葡萄一。花林芳月照二銀霰一。竹郭光風捲二...