石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
下後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
後藤祐乘の直系は、第五世徳乘の時に至り、長乘の系に對して下後藤と稱せらる。徳乘の
子に顯乘あり、通稱を理兵衞といひ、諱を正繼といふ。寛永中前田利常祿して百五十石を
與...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
上後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
代して金澤に下り、製作に從事せしめき。前田綱紀の代に、覺乘の子演乘あり、通稱は勘
兵衞、諱は光英。演乘下後藤の悦乘と輪番金澤に下りしが、後專ら京師に在りて朝紳の家
に出入し、綱紀の爲に珍籍蒐集の任に當る。その子...