石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
小牧の役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先、羽柴秀吉は明智光秀を斃し、柴田勝家を斃し、神戸信孝を斃し、西は毛利氏と
和し、東は上杉氏と結び、金城湯池を大坂に起して、己既に天下に主たるが如き勢を示せ
り。織田信長の遺子信雄之を見て、心中...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
上杉氏の尋盟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の威名は、末森の大捷によりて頗る熾なるに至り、十八日上杉景勝の將須田滿親は利
家に、土肥政繁等は前...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
上杉景勝の越中攻撃と利家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
脱走するもの相踵ぎしかば、守將益木中務丞は終に質を出して和を求め、城を上杉軍に致
して去れり。利家も亦上杉氏の運動に策應し、十一月八日書を越中氷見郡阿尾の城主菊池
右衞門武勝に送りて、向背の利害を諭し、以て之を...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
上にあらずして、國内平定の後直に歸城し、當初の目的を遂行せんとするにありたるを知
るべし。この時家康は上杉氏を討たんが爲、既に下野の小山に入りたりしが、上國の形勢
に鑑み、景勝征討を止めて直に東海道に向かふの必...