石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
上後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る所となりて、七尾又は金澤に在りしが後に京に歸れり。琢乘の從兄弟に長乘あり、法橋
に叙せられ、その統を上後藤といふ。長乘の子覺乘は、通稱を勘兵衞、諱を光信といへり
。寛永中前田利常之を召して三十人扶持を食ましめ...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
下後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
常祿して百五十石を與へ、隔年金澤に在留せしむ。顯乘の子を程乘とし、理兵衞光昌と稱
す。父の祿を襲ぎて亦上後藤と隔年來仕す。越登賀三州志來因概覽に、金澤府城に接する
蓮池苑内に程乘屋敷と稱する地あり。こはもと作事...