石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀豆板銀の通用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かく封内通用の金銀貨は、前田利家以來常に銀座の發行する所なりしが、綱紀の寛文七年
に至り、幕府鑄造の丁銀・豆板銀を通用し、朱封銀を停止すべき令を發せり。是に於いて
京都の銀座は、丁銀・豆板銀を輸入して朱封銀...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀・豆板銀の鑑定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
これより金澤の銀座に於いて、丁銀・豆板銀を取扱ひたりといへども、尚能くその銀質に
通曉せざりしを以て、京都銀座より銀見(カネミ)役八人...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
確實なる加州金銀貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大豆板銀。圓形にして、表面角内に花降の文字あり。徑三分・五分又は六分、重一匁より
四匁三分に至る。花降丁銀。稍長方形にして隅を切り、周邊に雷紋あり。中央に角の内花
降及び角の内拾兩の文字あり。この二つの角形の...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀錢貨の交換比例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は即ち金一兩に當り、別に金一分を百疋と稱することあるは、錢十文を一疋といひたるよ
り起る。銀貨は、古く丁銀・豆板銀の流通したりし頃には、量目にて秤りしものにして、
銀四十三匁を銀一枚と呼ぶことあるは、丁銀一枚...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
栗田源右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
對して住する繩屋太郎左衞門が彼の依頼に應じて金銀を隱匿せるを知り、直に之を押收せ
しに小判六百十八兩・丁銀一枚五十五匁五分・一歩金二千五百九十一切・銀七貫九百目・
小玉銀六十五匁を得たり。藩臣にして藩侯の蓄積...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
取込銀 新極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仰付一候間、跡々より遣來候取込之銀子、上中下を見合、一統にふきなほさせ、新極印打
せ可レ被レ申候。向後丁銀とつりあひ候樣に可レ被二申付一事。一、金澤町中において、
慥成もの二人致二吟味一、吹所に可レ被二相定一...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
本位貨幣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上記の如く、封内の通貨は慶長の頃より多く銀貨を用ひ、次いで幕府の發行する丁銀・豆
板銀を使用したるが故に、物價も亦銀貨を以て稱せられ、寛文九年に幕府の小判・一歩判
の金貨混用を許し...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・四匁・三匁・二匁・一匁・五分・三分の小札を出す。その三分以上の手形には銀何程、
十匁以上のものには文丁銀何程と書し、兩替御用聞にして手形發行主付たりし松任屋清兵
衞・富津屋七左衞門の記名調印を爲せり。次いで...