日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
日本代表国際大会史 パシフィック・リム選手権から
[[パシフィック・リム選手権からIRBパシフィック・ネーションズカップへ]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
1回IRBパシフィック・ネーションズカップ2006平成18年(2006)6/3~6/24優勝ジュニア
ールブラックス(1回目)順位チームJrオールブラックスサモアフィジートンガ日本1ジュニ
オールブラックス○56-12○...
戦後の国際交流 Ⅰ 来日した大学ラグビーのエリートたち
《黒衣のパワフル3軍団》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
りさきの3大学やオックスブリッジ両大学連合とは違った意味で強烈な印象を日本に残し
て去っていったのが、オールブラックスコルツであり、NZU(NZ大学選抜)、そしてカンタ
ベリー大学のニュージーランドが誇る黒衣の軍団である。1...
日本代表国際大会史 ラグビーワールドカップ史
[[ラグビーワールドカップ史]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
するなど、本当にRWCが開催されるのか危ぶむ声も多くなってきた。その渦中に1985年7月
17日、NZオールブラックスの南ア遠征がキャンセルされるという大問題が起きた。「あら
ゆる反対を押しきって実施する」はずだったNZ協会...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.271 第7回RWC2011 NZ大会 第2戦 NZ代表
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
3年(2011)9月16日G:ハミルトンR:ナイジェル・オーウェンズ(WAL)●日本代表 7-83 NZ
代表○フランス戦で、攻守の要であるNO8ホラニ龍コリニアシが膝を痛めて戦線離脱した
ことは、その後のメンバー編成に...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.293 リポビタンDチャレンジ2013 ニュージーランド代表来日試合 NZ代表
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
機関誌平成25年(2013)11月2日G:秩父宮R:スチュワート・ベリー(SA)●日本代表 6-54N
Z代表○現在世界ランキング1位のニュージーランド代表オールブラックスが、日本代表と
戦うために来日したのは、1987...
年代史 昭和
昭和32年(1957)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
からチョン蹴りでプレーを再開することができるようになった。モールがNZで実験的に採
用された。【代表】NZ代表コルツ(U23)に日本代表3テスト完敗日本代表はNZ代表を迎え撃
っため、監督西野網三、コーチ阪口正二、和田政...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.97 NZ代表第1回来日第2戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English写真機関誌昭和62年(1987)10月25日花園ラグビー場●日本代表 0-74 NZ代表○ボ
ールが取れずにお手上げ第1回のW杯を制して名実ともに世界一になったNZオールブラック
が、日本で初めてそ...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.346 リポビタンDチャレンジ2018 ニュージーランド代表第3回来日 ニュージーランド代表
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
年(2018)11月3日G:味の素スタジアムR:マシュー・カーリー(ENG)●日本代表 31-69
ュージーランド代表○開始4分。PGの先制を許したあとのリスタート。ジャパンは目論見
通りのトライを奪った。S...
戦後の国際交流 Ⅴ 花開いたセブン・アサイド(7人制)ラグビー
《日本をわかせた世界のスーパーチームが来日》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
ユニセフ協会の呼びかけで世界の2強といわれるオーストラリア代表ワラビーズとニュー
ジーランド代表オールブラックスが2000(平成12)年の10月と11月に相次いで来日。ワラビ
ーズは会長...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.15 NZ代表コルツ(U23)第1回来日第3戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English写真新聞記事機関誌昭和33年(1958)3月2日平和台競技場●日本代表 3-34 NZ代表
コルツ○NZコルツの突進防げず日本のマスコミは「世界最強オールブラックス来る」と書
きたてたが、実際にはオール...
戦後の国際交流 Ⅲ 日本代表の海外遠征
《初遠征でオールブラックスJr.を破る》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
国している。なにしろ日本協会としては外国との交流が再開したばかりの時期。しかもBC
州代表の来日前後にオールブラックス・コルツ、オックスブリッジ両大学連合など、話題
の来日チームにはさまれ、いまひとつ世間の盛り上がりに欠ける...
日本代表国際大会史 国際交流の歩み
[[国際交流の歩み]]
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
を見せて両大学は帰国した。昭和31年(1956)2月の豪州学生選抜、昭和33年(1958)2月のNZ
オールブラックス・コルツ、昭和34年(1959)2月のカナダBC代表ら強豪チームが相次いで
来日した。なかでもNZオールブ...
年代史 昭和
昭和62年(1987)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
豪州には藤田、朽木2と計3トライ、沖土居がロングDGを決めるなど健闘した。初の世界チ
ャンピオンはNZオールブラックスの頭上に輝いた。★931987.5.24●日本代表18−21○アメ
リカ代表ブリスベン★941987.5....
年代史 平成
平成19年(2007)度
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
EnglishEspañol109シーズン目【代表】アジア3国対抗とクラシック・オールブラックス
来日日本代表は韓国、香港とのアジア3国対抗に大勝した。またNZ代表OBチームが来日、
日本代表と熱戦を演...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.98 NZ代表第1回来日第4戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English写真機関誌昭和62年(1987)11月1日国立競技場●日本代表 4-106 NZ代表○ケタ違
い!106点真の世界一とはこんなものだとNZが見せつけてくれた。大人と子ども、日本が攻
めたのは5分間...
戦後の国際交流 Ⅲ 日本代表の海外遠征
《第2次ウェールズ遠征の成功》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
ラグビー関係の方、年配のラグビー愛好の方々なら、当時の環境のなかでオールブラック
・ジュニアを破った日本代表の勝利が、日本ラグビーの歴史のなかで、どれほど価値の
ある、そして大きな勝利であ...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.16 NZ代表コルツ(U23)第1回来日第5戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
English写真新聞記事機関誌昭和33年(1958)3月9日花園ラグビー場●日本代表 6-32 NZ代
コルツ○1トライあげるのが精一杯「全日本はキックオフから激しい闘志をたぎらせ、
懸案のタイト[スクラムのこと]...
ワールドカップと日本 初参加から5大会連続出場の偉業
《5大会連続出場と世界のレベル》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
第1回ワールドカップは開催国のひとつニュージーランド(NZ)のオールブラックスが初代
チャンピオンの座についた。大会前からオーストラリアとともに優勝候補と下馬評の高か
ったオールブラック...
日本代表テストマッチ史 テストマッチ観戦記とテーブル
テストNo.17 NZ代表コルツ(U23)第1回来日第9戦
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    年代史・観戦記・その他資料
nglish写真新聞記事機関誌昭和33年(1958)3月23日秩父宮ラグビー場●日本代表 3-56 NZ
代表コルツ○完膚なきまでに叩かれる最終戦に挑んできた彼らのプレーの激しさはそれま
でと別物であった。日本は前半36...
日本ラグビーフットボール前史 ユニオン成立まで Ⅲ セブンFWはオールブラックスから
《1冊の技術書がもたらした決断》
日本ラグビーフットボール協会/日本ラグビー デジタルミュージアム    日本ラグビーフットボール史
く)。まことに無残な結果である。そんな状況下の1908(明治38)年春、恩師クラークから
蹴球部にNZオールブラックス主将D・ギャラハーの著書「コンプリート ラグビーフットボ
ール」が届いた。リュウマチの悪化から右足切断を余...